女オンチな女たち

人類みな「変態」である—vol.6

深澤真紀さんが「草食男子」という考え方を提唱したとき、意外にもサブカル業界の男性たちが「草食男子」批判を始めたそう。岡田さんが「文化系オラオラ男子」と呼ぶそのような男性たちは、なぜ発生し、どのように女性と接しているのでしょうか?

ゲイビデオにハマれない腐女子、痴漢ものに興奮するレズビアン

岡田育(以下、岡田) リアルとファンタジーの境界線をどうとらえるべきか、というのも腐女子文化を考える上での重要なテーマですよね。前回「ゲイビデオ、超キモーイ!」と嗤っていたホモフォビア腐女子にドン引きした話をしましたが、私、その後、気になって自分でもゲイビデオを見てみたんですよ。それで、全然良いと思えなかった自分に悩んだり……。

深澤真紀(以下、深澤) 悩んじゃったの?

岡田 「男性同士の生の絡みがおいしく思えないのは、自分にも同性愛に対する差別意識があるからじゃないか?」とか思ったんでしょうね。「私は彼女とは違う、楽しめるはずだ」みたいな。でもよく考えたら、腐女子であると同時に私はヘテロセクシュアルなんだから、ホモセクシュアルの人たちが楽しむためのビデオのツボがわからなくてつまんないのは当たり前だろ、ゲイの人たちが男女もののポルノを観て何とも思わない(か男優しか見ていない)のと同じだよ、って感じですけど(笑)。

深澤 レズビアンの友人が、いわゆるオカズとして「痴漢もの」が好きだったんです。でもレズビアンの中には、男性から痴漢されて傷ついた経験を持つ人がけっこう多い。それなのに、ファンタジーとはいえ痴漢ものが好きな自分は誰かを傷つける存在になるのではないかと悩んでいたことがあります。

岡田 うーん、自分が実際にその立場だったら、と考えると難しいですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女オンチな女たち

岡田育 /深澤真紀

「草食男子」「肉食女子」という言葉を生み出したコラムニスト・深澤真紀さんと、cakesの「ハジの多い腐女子会」や「ハジの多い人生」でもおなじみ、編集者・文筆家の岡田育さん。共通点が多いのに、じっくり話したことがないというおふたりが、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mayanomi 「やっぱり人間は一人一変態、一人一派だから、完全な共感とか理解をするのは不可能でしょう。そこで大事になるのは「適度に見逃す」っていうことだよなと。」……「一人一変態」か! 2年弱前 replyretweetfavorite

makunegao 沢山の論点あり、しかも一個一個が深い。あるジャンルのAVを、好きになったり、なれなかったりして悩むこと。性的なものを頭で愉しむこと。オラオラ文化系男子の発想。そして、「適度に見逃す」思想とその技法…。 2年弱前 replyretweetfavorite

aoneco22 こちらの対談も「ジェジュンオンマ」とか「こじらせ男子:DTちゃんみな」とかはめ込み読みすると2倍お得w にしても全共闘からシールズまで、リベラル系オラオラって無くならないのか(苦笑) 2年弱前 replyretweetfavorite

sawa_aaa 深澤真紀が配偶者のことを「お母さん」と思っている話、めちゃくちゃ共感できるな…。男性に母を求めるのも全然ありだと思う。 http://t.co/3jntgZuJzy 2年弱前 replyretweetfavorite