​「ウザイ」を連発するとバカになる?

伝説のカリスマ予備校講師・出口汪先生の「行列のできる論理思考」講義、第4回目のテーマは「若者言葉」。「ムカつく」「ビミョー」という言葉を連発する若者は、赤ちゃんと同じ? 刺激的な出口先生の発言に、とまどうゆい。「論理力」を身につけるためには、どうすればよいのか――。

「若者言葉」の罠

出口汪(以下、出口) 「若者言葉」って、よく問題になるよね。「ムカツク」とか「ウザイ」とか「ビミョー」とか。ゆいちゃんもたまに使ってないかい?

ゆい 先生、私はもう社会人です。まったく使わないわけじゃないけど、今はあまり使いません。でもまあ、高校生のときによく使ってましたけどね。「あのコ、ウザイよね」とか、「あの先生、超ムカツイちゃう」とかって。……あれ、大学生になっても使ってたかな。

出口 言葉には大きく分けて、「感情語」と「論理語」の二種類があるんだ。
 今の「ムカツク」や「ウザイ」は感情語だ。感情語というのは、他者意識がない言葉で、赤ちゃんが泣くのも、感情語といってもいい。もっと言えば、犬や猫が鳴くのも、感情語といえる。お腹が空いたというのを訴えるために、泣いたり、鳴いたりするんだから、感情語だよね。
 自分の不満や不快な気持ちをただ音にして表現して、それを誰かが察して、解決してくれるのを待つというのが感情語だ。そこには、他者意識は存在しない。赤ちゃんはいくら泣いても誰もミルクを与えてくれなければ、泣き寝入りしてしまう。若者は「ムカツク」「ウザイ」という感情語しか口に出さず、それが相手に伝わらず、不快さが解消されないと突然キレたり、引きこもってしまう。

ゆい 何だか、赤ちゃんと同じみたい。

出口 そう。この二つは、他者意識の欠如ということからいえば、まったく同じ次元なんだ。
 前回、面接で自分のことをペラペラしゃべるだけの学生のことを話したけど、これも一緒かもしれない。相手がどう感じるかを考えずに、自分の優秀さをアピールするだけで、それが相手に評価されないとただ落ち込む。そこには、相手の立場を考えて、伝えるという「他者意識」はないよね。

ゆい 赤ちゃんと一緒だなんて、何だかショック。赤ちゃんのときから、進歩してないってこと?

出口 そんなことは言ってないよ。人間は社会的動物だから、赤ちゃんは大人が話すのを聞いて、言葉を覚えていく。ミルクをもらえるまで泣き続けるよりも、「まんま」「お腹空いた」と言った方が楽だからね。でも、それはやっぱり感情語なんだ。

ゆい では、先生、もう一つの論理語はどうすれば身につくんですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売即重版】世界一わかりやすい!と評判の思考力の本

この連載について

初回を読む
論理的思考が身につくカリスマ講義

出口汪

社会人も2年目に突入し、少しずつだが仕事もまかされるようになったOLゆい。 そんなある日、とっておきの企画を思いつき、上司に提案にいくものの・・・ 「説得力ってどうやって出すの?」「自分の頭で考えるにはどうすればいいの?」 そん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

2moon_o 「ウザイ」を連発するとバカになる?|出口汪| 3年以上前 replyretweetfavorite

Chi3uki そうかいろいろ台無し感のあれ「カッコイイ」は形容詞じゃなくてきっと感情語なんだ https://t.co/WVineV4mYY 3年以上前 replyretweetfavorite

ora109pon 「ウザイ」を連発するとバカになる? | 4年弱前 replyretweetfavorite

ora109pon 「ウザイ」を連発するとバカになる? | 4年以上前 replyretweetfavorite