面接試験の「熱意」はなぜズレてしまうのか

伝説のカリスマ予備校講師・出口汪先生の「行列のできる論理思考」講義、第2回目のテーマは「面接」。「就職試験の面接」について語り合う、ゆいと出口先生。「自分の言葉で話す人」と「カン違いして自己主張の強いだけの人」はどう違うのか。どうやらそこにも論理力が関係しそうです。論理力を養うために、必要なコツとは……。

面接試験での返答はなぜズレてしまうのか

出口汪(以下、出口) 今は就職難で、大学を卒業しても就職が決まらなくて留年する学生もたくさんいて、大変な時代だよね。そんな中、ゆいちゃんは就職試験を突破したんだから立派だね。

ゆい ありがとうございます! 先生に褒めてもらえると嬉しいですけど、「就活」はかなり大変でした。書類選考で落とされちゃったところもあるし、筆記試験までは合格しても面接で落ちたり。友達にも、成績は良いのに面接で落とされちゃって、なかなか就職が決まらなくて悩んでいるコがいました。

出口 私もこれまでに、成績は優秀で、筆記試験は文句なしに通るのに、面接でバタバタと落ちる学生を何人も知っているよ。それが続いて、「自分という人間が否定されたような気がして、落ち込んでしまいます」なんて言って、悩んでいた学生もいたな。

ゆい 「私のどこがいけないんだろう」って悩んじゃったりするんですよ……。私も面接で落ちたことありましたけど、筆記試験で落ちるよりショックですよね。

出口 ゆいちゃんは会社の面接試験って、どんな場だと思っていた?

ゆい やっぱり面接官に、自分がどんな人間かを知ってもらったり、自分が仕事に対してどう考えているかをわかってもらったりするのが面接なんじゃないんですか? 私だけじゃなくてみんなそう考えていたんじゃないかな。

出口 じゃあ、ゆいちゃんはどこの面接試験でも、「私はこんな人間です」「こういう仕事がしたいです」っていうような話をしたのかな?

ゆい だいたいそうですね。でも、そうじゃない会社もあったかな。今の会社の面接は、面接官から趣味や友達のことをいろいろ聞かれて、雑談みたいな感じになって、すごくリラックスして話ができました。終わってから、「こんなので良かったのかな?」って思ったくらいです。だから、内定をもらったときにはビックリしちゃいました。

出口 きっと、雑談のような面接が良かったんだね。面接官は、雑談に入ったときにはもうゆいちゃんに内定を出すことを決めていたのかもしれない。その後の質問や会話は、確認のような感じだったんじゃないかな。

ゆい えっ、どういうことですか? 自分のことを話していないのに、面接官は私のことがわかったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理的思考が身につくカリスマ講義

出口汪

社会人も2年目に突入し、少しずつだが仕事もまかされるようになったOLゆい。 そんなある日、とっておきの企画を思いつき、上司に提案にいくものの・・・ 「説得力ってどうやって出すの?」「自分の頭で考えるにはどうすればいいの?」 そん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tenkasu https://t.co/m6h6VaCCtx普遍的な論理的思考なんて存在しないし、日本的論理的思考能力は必ずしも必要ない。 約3年前 replyretweetfavorite

ora109pon https://t.co/tHV8xH6JMv 4年以上前 replyretweetfavorite

kuma_kuma 結局面接って、合うか合わないか(それ以外も見てたり見られてたりするけど)。 合わない相手(企業)に面接だけ合わせても、あとで辛い思い(我慢)をするだけですけどね。 http://t.co/a9yQMCTE7G 4年以上前 replyretweetfavorite

popo_money https://t.co/YSs69Nfa65 4年以上前 replyretweetfavorite