思いつき」を企画に変える論理力

伝説のカリスマ予備校講師・出口汪先生の「行列のできる論理思考」講義、第一回目は「論理力」です。なかなかうまく企画書を書くことができない社会人2年目のOL・ゆい。彼女のように「思いつき」をそのまま企画にしても、それはなかなか相手には伝わりません。説得力のある企画書を作るためにはどうしたらいいのでしょうか?

「そもそも思考力って何?」

出口汪(以下、出口) 今日から「論理力」というテーマで講義を始めるよ。

ゆい はいっ! よろしくお願いします!!

出口 そんなに、硬くならなくても大丈夫。一対一の講義だから、わからないことがあったら何でも聞いてね。
ところで、ゆいちゃんは、社会人二年目になったんだっけ?

ゆい はい。二年目になると、楽しいこともいっぱいあるけど、いろいろ悩むこともあって……。

出口 社会に出ると、学生の頃とは違うことがたくさんあるからね。

ゆい そうなんです。入社したばかりの頃は、先輩の指示で動けばよかったけれど、後輩もできたし、仕事も少しずつ任されるようになったし。

出口 そういう悩みが出てきたのなら、ゆいちゃんも立派な社会人になったっていうことだよ。きちんと仕事のこと、自分のこれからのことを考えているから、悩んだりするんだから。

ゆい でも、このままじゃいけないって思うんです。これからは企画書や報告書を書く機会も増えるし、会議でプレゼンする機会も増えるだろうし。

出口 大学生の頃に遊んでいたツケが回ってきたかな?

ゆい ひどいわ、先生! ……でも、そうかもしれません。企画書なんて、アイデアを出したまではいいけど、結局、ほとんど先輩に書き直してもらうような感じだし。

出口 そうか。ゆいちゃんも考える力、すなわち「論理力」を身につけることが必要なようだね。

ゆい 論理力って、むずかしい気がして、学者とかそういう人じゃなければあまり必要ないように思っていたけど。

記憶力のいい人がロジカルな理由

出口 そう思いがちなんだけど、こうやって話をしているときだって、論理力は必要なんだよ。自分の考えていることを相手にちゃんと伝えたいと思えば、それなりの話し方をしなければならないだろう? そのために大切なのが「論理力」さ。

ゆい えっ。話しているときでもですか?

出口 そうさ。本を読むときでも、文章を書くときやものを考えるときも、論理力はとても大切なんだ。受験勉強だって、論理力があれば、もっと効率的にできる。

ゆい えっ。受験勉強って、記憶力が大切だっていわれてますよね。先生の教え方はそうじゃなかったけど。

出口 そういう誤解があるよね。でも、覚えるのだって、訳もわからず覚えようとしたって、なかなか覚えられないだろう? 論理を使って、きちんと理解した上で覚えれば、ずっとやさしく、しっかりと覚えられるんだ。
それに、これからの私たちは、「模倣型」から「創造型」への変化を求められているんだ。

ゆい 考え方を変えなきゃいけない時代ってことはわかるけど……。先生、もう少し、わかりやすく教えてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理的思考が身につくカリスマ講義

出口汪

社会人も2年目に突入し、少しずつだが仕事もまかされるようになったOLゆい。 そんなある日、とっておきの企画を思いつき、上司に提案にいくものの・・・ 「説得力ってどうやって出すの?」「自分の頭で考えるにはどうすればいいの?」 そん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

o3o3 「「自分がわかるんだから、他の人もわかってくれるはず」というのでは、企画書は成立しない。」 → 約5年前 replyretweetfavorite

porpor35 「論理を使って、きちんと理解した上で覚えれば、ずっとやさしく、しっかりと覚えられる」→ 約5年前 replyretweetfavorite