飲み会でもMCを目指せ!   

仕事の人間関係に悩む人に対して、棚橋弘至さんは「異性とのコミュニケーション」を勧めるのだそうです。異性との何気ない会話や、合コンの場で学べることとは? 棚橋さんが学生時代にマスターした「対異性のテクニック」も大公開します。
8月26日(水)発売の著書『全力で生きる技術』の内容を、cakesでもお届けします。

「異性とのコミュニケーションが上手くできるようになると、仕事のコミュニケーションも上達しますよ」

若い人から仕事の人間関係について相談を受けて、僕はこんなアドバイスをすることがある。 コミュニケーション力を磨くには、「場数」を踏むことが必要だ。たくさんの人と話して、いろいろなパターンを試して、たくさん失敗することだ。

とくに「異性のジャッジ」はシビアなので、たとえば、コンパ(合コン、街コン)は格好のトレーニングの場になると思う。 うまくいかないことも多いと思うけど、失敗もまた「一つの成果」だと思って 「練習」すればいい。

ここで、「棚橋はアラフォーになってもチャラいままだな」と見損なわれるリスクを覚悟しながら、僕が学生のころにマスターした対異性のテクニックを、特別に(自信満々に!)公開しよう。

キーワードは「行き過ぎない馴れなれしさ」だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
全力で生きる技術

棚橋弘至

野球の道の断念、2度の入門テスト不合格、業界全体の人気低迷、意識不明の重体……何度も挫折と失敗を繰り返しながらも自らを「100年に一度の逸材」と呼びつづけ、ついに新日本プロレス「奇跡のV字復活」の立役者となったプロレスラー棚橋弘至選手...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 飲み会でもMCを目指せ! 全力で生きる技術|棚橋弘至@tanahashi1_100 https://t.co/1A9KwYT41Y 「女の子はまず下の名前を聞け。そして、ちゃん付けで呼べ」 場数を踏んでいくと初対面の女の子を見て「この子はこういう話題がよさそうだな」と勘が働く。 3年以上前 replyretweetfavorite

shigeta_koji 「モテる技術」出た!! @tanahashi1_100 http://t.co/12lsbmDERm 3年以上前 replyretweetfavorite

nawowki 『「アラフォーになってもチャラいままだな」と見損なわれるリスクがある』とはいえ、妙な説得力がある。 3年以上前 replyretweetfavorite