宇宙掃除

第5回】同志あらわれ、ものづくりを学ぶ

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信さん。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

プラモデルすらまともに作れないのに、本当に人工衛星の「製造」ができるのだろうか。


机上の勉強だけではダメだ。
僕は「ものづくり」の相談相手を探していた。

周囲では、「メイカーズ・ムーブメント」が起きていた。3Dプリンターや小型で安価な工作機械が多数出てきて、机2つもあれば、何かを作れる時代が確かに来ていた。

  誰もが「ものづくり」をできる時代だ!
  誰もが製造業の起業家になれる時代だ!
  製造業の民主化だ!

メディアが騒ぎ、IT時代の知り合いの多くもそっちに向かっていた。90年代から続く長いネットブームも2巡3巡し、ソフトウェアに飽きてきた人々がハードウェアの世界に足を踏み入れようとしていた。

だけど、僕は、相談すべき人々は、そっちの方向の人たちじゃないって思っていた。3Dプリンターも使ってみたし、面白かった。でも、なんだろう、画期的なんだけど、グッとこない。僕の「ものづくり」じゃない。

そんなとき、ある小さなニュースを見た。

「全日本製造業コマ大戦で優勝したコマ」。
動画がYouTubeにあがっていた。
小さいのにずっと回り続ける。

早速その会社を調べた。茅ヶ崎にある小さな部品工場だった 。

その会社の「セイミツ・コマ」なるものをウェブで買った。
すぐに届いた。 指先ほどの大きさだ。小さい。

回した。ずっと回る。 永遠を感じるくらい回る。
美しい。 感動する。 机の上で止まっているかのうようだ。

僕はピンときた。

これを作った人に相談しよう! 「ものづくり」の根幹は感動だ!
さっそくその会社のウェブサイトにアツいコメントを送った。

『初めまして。岡田光信と申します。御社のコマをすでにウェブで50個購入して、全部、友達にプレゼントしました。(以下省略)』

すぐに返事が来た。

『岡田様 由紀精密、常務取締役の大坪です!メールありがとうございます!大変嬉しく思います。(以下省略)』

メールにビックリマークをつけてくる人に悪い人なんていない! アポを入れて、由紀精密本社を訪問した。

大坪さんは当時若干37歳。小さなネジをロクロで作るところから始まった町工場。3代目だった。何十年も使われている工作機械が所狭しと並んでいた。

会社説明を聞きながら僕は目を丸くしていた。ネジ屋から始まって、公衆電話部品の量産をしていたが仕事のほとんどがなくなって、彼は事業モデルを変更するために航空宇宙分野を開拓していた。

小型衛星の部品製造も行っていた。 JAXAとも組んでいた。 航空宇宙の品質規格の認証ももっていた。

「え—!僕は、本当はコマじゃなくて、宇宙のゴミを除去したいんです!」

すぐに話が盛り上がった。
夜遅くまで語り合った。

僕の考える宇宙ゴミの除去方法仮説の問題点はなんなのか。
単品生産と量産の違い、どうやって製造に再現性を実現するか。
切削加工中に起きる誤差の原因は何で、どうやって修正するのか。

誤差が生まれる要因を7つにわけ、その修正方法を丁寧に教えてくれた。
「ものづくり」って属人的な職人技ではない。科学だった。

ぼくたちには共通の友人が7人もいた。
偶然にしては出来過ぎている。

大坪さんは、僕よりアツかった。「宇宙掃除、ぜひ、一緒にやりましょう!!!」

大坪さんから提案があった。

「(2013年)6月にパリで航空ショーがあるので来ませんか。世界の航空宇宙関係2000社が集まります。由紀精密は独自ブースを構えているので見に来て下さい。」

僕はパリに飛んだ。

そびえたつロケット。
衛星を売る会社がいっぱい。
戦闘機や航空機のショー。

華々しかった。

僕は決めた。

パリ航空ショーは2年に1度の祭典。
2年後は必ず僕がデブリ除去機を出展しよう!

まだ創業して1ヶ月だった。
でもそう決めた!

僕のスケジュールはここから逆算することになる。
スケジュールを決めるって楽しい。

いつまでに設計を決めるか
いつまでにチームをつくるか
いつまでに工場をつくるか
いつまでに資金をあつめるか

僕のワクワクは増大していた。
最高の相談相手が見つかって、スケジュールの目標も出来たから!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙掃除

岡田光信

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信氏。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

seeds305 デブリ掃除屋いいねえ。北海道の植松電機さんも夢見てた。組んだら凄いことになりそう→ 3年以上前 replyretweetfavorite