新訳 世界恋愛詩集

みだれ髪」与謝野晶子

当時タブー視されていた官能的な表現で、賛否両論と共に一世を風靡した与謝野晶子の歌集「みだれ髪」。そこに収められた4首が、菅原さんの超訳により現代に甦ります。
メディアプロジェクト「詩人天気予報」などでも話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


あなたは わたしの熱い肌

触れもしないで 世界を語る

ほんとの世界は ここにあるのに


(やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君)




春はみじかく 浮世は夢よ

あなたの腕を たぐり寄せ

手のひらのうえ はずむ私の胸ふたつ


(春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ)




黒くてきれいな わたしの髪も

あなたがふれた 心臓も

みだれ みだれて 朝になる


(くろ髪の千すじの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもいみだるる)




恋する女の くちびるに

つやつやグロス 毒入りの

滑らせたいの わかるでしょ


(人の子の恋をもとむる唇に毒ある蜜をわれぬらむ願い)




「みだれ髪」

与謝野晶子(1878 ~1942)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mariko_cabin442 与謝野晶子の新訳! https://t.co/4RyhwLluGS 2年以上前 replyretweetfavorite

sayakubota 『みだれ髪』与謝野晶子 https://t.co/OeqbOSyNpO 虹の心臓、みだれ髪 新訳世界恋愛詩集 http://t.co/ofn2A2xIYX 4年以上前 replyretweetfavorite

drown_q やっぱり素敵だなあ〜!自分で絵が描けたら私もこういうのやりたい!自家発電!笑 https://t.co/DaaWBnpmWw 4年以上前 replyretweetfavorite

drown_q これほんとすごいんで。。見てみてください。。 https://t.co/DaaWBnpmWw 4年以上前 replyretweetfavorite