ヤンチャ」と称していじめを告白してしまうDQN議員がいる理由

自民党議員たちが「ヤンチャな悪ガキ時代」の自慢をサイトに投稿した件が、大炎上しました。どう考えてもいじめや暴行にしか見えない内容を、彼らはどうして見境なくネットで告白してしまうのでしょうか? May_Romaさんが、そんな議員達とヤンキーを比較しながら日本の政治の実態をひもといていきます。

自民党議員たちの「ヤンチャ自慢」

草むしりで死にそうになっております。

フランスに行こうと思ったら、DQN移民がトンネルでトラック運転手を殴りつけている上、イギリスの基地外左翼組合まででてきてしまって、糞づまり状態なので海を渡れません。

遊びに行けないのでネットで日々案件の発掘に勤しんでおりますが、今年の夏は、逸材が続々と発掘されており、喜ばしい次第です。

今年のホープの一人は、先日、ブログでの「ヤンチャ時代」の自慢話が大炎上した自民党くまだ裕通議員でありましょう。一部を引用します。

放課後、先生がトイレ掃除の点検にやってきました。好機到来です。中に入ったところで外からドアを押さえて閉じ込めたんです。そして、天窓を開け、用意していた爆竹を次々に投げ込んだんですよ。はじめは「開けなさい」と命令していた先生も、そのうち「開けてください」とお願い調になり、最後は涙声で「開けて~」と絶叫調に変わってきた。「やった~」と快感でしたね。

「もういいか」とドアを開けると、廊下にモワァーっとたちこめる煙。その中を先生が一目散に職員室に逃げ込む。すると反対に、担任がぼくらの教室に駆け込んで来て…。後はご想像に任せます。

魚拓:http://megalodon.jp/2015-0805-0904-55/www.kumada-hiromichi.com/giin/index.html

「くまだと愉快な仲間たち」というような、大変心和むエピソードという感じがいたしますね。くまだ議員ご自身は、自民党が推進する道徳教育を強烈に支持しておりますが、ご自身の武勇伝を教材に使われたらいかがでしょうかね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo あの頃はやんちゃだった。という人は、やんちゃをし続けられない半端モン。と認識しております。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kuufukukann 日本の田舎はコワイから東京に引きこもっていたい 1年以上前 replyretweetfavorite

yu756ka      笑って良いのかな・・・。 1年以上前 replyretweetfavorite

kzmzkzm 『「いじめられている方も弱くなっている」とか言ってますが、弱くなってるのはテメエの頭髪と脳細胞』←さすがの皮肉。 1年以上前 replyretweetfavorite