コピペデザイナーはどうして生まれるのか?

2020年に開かれる東京五輪のエンブレムに、盗作疑惑が持ち上がって大炎上しています。デザイナーの佐野研二郎氏が記者会見で否定してもなおネット上では荒れに荒れている模様……。それどころか過去の作品にさえ疑惑が浮上している始末に、May_Romaさんはそもそも日本の体質がそういった事態をもたらしてしまっているのではないかと指摘します。

東京五輪エンブレム盗作疑惑

五輪のマークがベルギーの劇場のマークのパクリだったんじゃないか、という件が盛大に炎上しております。

五輪マーク自体は偶然の類似にすぎないという検証をしているデザイナーさんがいましたが、ネットには暇人が多いらしく、佐野氏がディレクションしたサントリーのトートバッグのデザインの元ネタが、どっかのパン好きの人のブログ画像のトレースじゃないか、とか、どっかのフリー素材のトレースじゃないかとか、どっかのガイジンさんのTシャツのトレースじゃないかなど、丹念に調べておられる方々がわきました。

フランスパンのネタに関しては、ブログの主さんも「あら、これコピペかしら?」と思っている模様です。

夏のクソ暑い時期に、どこにもいかずにネットに張りついて、これだけのネタを引っ張ってくる。これぞクラウドの力、ザッツインターネッツ、WEB2.0、ビッグデータ、100人のバカの知恵は1人の賢人よりも正しい!などなどの実践という感じがして、胸が熱くなります。

ネット民は、人の不幸があると集うのです。ネットで世の中ハッピーなんて幻想です。

五輪エンブレム 佐野氏を悩ませる「盗用常習」の不名誉な称号

東京オリンピック・エンブレムはもう無理筋

エンブレムの件が真っ黒なのか、それとも、単なる偶然なのかはまだわかりませんが、サントリーのトートバッグについては該当賞品の取り下げが発表され、さらにサポートデザイナーによる「第三者のデザインのトレース」が行われた事実も佐野氏本人が認め、謝罪しました。佐野氏自身はトレースを知らなかったということですが、とりあえずワタクシが理解したことは、日本では、ネットで出回っているフリーの素材をコピペして商品に貼って「はいできました」というのが、プロのデザイナーがやっていることで、それで結構な銭がもらえてしまうらしい、ということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jp3czl_YuKa ただ、その状況が改善されるかっちゅうたらまあ難しいやろね。今の日本社会を牛耳ってる人間の大半が口先達者な営業マンなんやから、彼らが食いっぱぐれるとなるとそりゃ反対するやろし。 2年弱前 replyretweetfavorite

_beArk_ この記事、暴論すぎてびっくりするw "" 2年弱前 replyretweetfavorite

IYair 百パーではないけど核心を突いているな、と思いつつも人物像の描写に悲しみを禁じ得ない( TωT )> 2年弱前 replyretweetfavorite

fwd_yutaro うーん、でもデザインと(いわゆる)アートって、目指すところが違うんじゃないかな、という気がするのだが。  2年弱前 replyretweetfavorite