それでも僕は、外科医をやめない

こじらせ男子が考える、結婚相手の選び方

独身で、嫁きおくれてしまった男性たちが集まって、「雨夜の品定め」。どんな女性が結婚相手にふさわしいか、を自分たちのことは棚に上げて上から目線で語ります。全国の女性から非難されそうですが、結論は意外にシンプルな所に落ち着いたようで……。3Pでも3Cでも3Xでもなく、こじらせ男子にとっては、たった1点だけで十分だったようです。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

先日、いつものように独身こじらせ男子数人とお酒を飲んでいた時のこと。たまたま日曜日の夜のことでした。途中まで共通の知人女性なんかもいたのですが、夜も更け女性らが終電で帰ってからは完全男子のみの座談会状態に。

もう、雰囲気がすでに独特すぎた。

みんなそれなりの仕事についているいい歳したお兄さんたち。それなりに身なりに気を使ってる彼らが、日曜の夜にこぞって男5、6人で飲んでいる。そんなにがつがつ飲むでもなく、ハイボールやらビールやらワインをやりながらゲラゲラ笑って話している。

正直に言ってしまいますと、私はあまりに居心地が良かった。しっくりきてしまった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0mija “あえて欠損に注目する、defectを見つめる” うん、「嫌い」の話ができたほうが楽しいし。 4年以上前 replyretweetfavorite

masaki_kashiwa  オチが切ない(笑) 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/DXC9U6T96c 「男はね、30代後半くらいからは女といるより男といる方が居心地が良くなるんだよ」 僕はまだ女性といる方が居心地が良い。女友達の方が多いからかな 4年以上前 replyretweetfavorite

MiUKi_None マルーン5、いい・・・。 4年以上前 replyretweetfavorite