水原希子は巨大仏である

今回取り上げる人物は、水原希子さん。モデル、女優として活躍する一方、気の強い発言やSNSでのきわどい投稿が世間を賑わすこともしばしばの彼女。そんな姿を見て、唐突に「水原希子は巨大仏である」と言い、巨大仏の話を始めた武田砂鉄さん……一体武田さんは何を示したいのでしょうか?

「“大きく出たね”のルーツは仏像のことでしょ!」

小生、とにかく巨大仏が好きで、10年ほど前には、まとまった休みごとに日本各地へ巨大仏を見に出かけたものだが、そのきっかけとなった一冊が宮田珠己『晴れた日は巨大仏を見に』(幻冬舎文庫)であり、もっと言えば、その単行本に推薦文として記されていたみうらじゅんの「そもそもさー、“大きく出たね”のルーツは仏像のことでしょ!それを人間がマネすると困ったことになるわけよ」に端を発している。その推薦文には、いとうせいこうの「みうら氏の帯文は少々意味不明ですが、本書の中身は私が保証します」も添えられていたが、「大きく出たね」のルーツが仏像という提言、実際にあちこちの巨大仏を訪問すると、決して意味不明でもないと悟るのだった。景観を豪快に乱す巨大仏は、「いやー、大きく出たね」くらいしか投げかける言葉が見つからないものなのである。

巨大仏好きは映画『進撃の巨人』を理解する

なにやら、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に対する芳しくない評がいくつも目に留まるので、歌舞伎町の映画館へ、月曜朝8時半からの上映回に出かけると、観客は後方に数名、前方は仕事明けと思しきホストとキャバ嬢と武田の3名だけであった。「NO MORE 映画泥棒」の映像を「マジうける」と指差して笑い転げる2人と数席空けて座っていたこちらは、本編でも騒ぎ立てられそうだなと警戒したが、いざ始まると時折「マジやべぇ」とつぶやく程度で安堵する。エンドロールが流れると互いの感想である「いや、マジでやばかった」を投げ合っている。で、この映画を積極的に評する言葉を探したとき、彼らのシンプルな言葉はとても的確だと思った。

巨大な建築、大仏、塔、怪獣等に接したときの感覚から日本建築の特性を探求する一冊に『ぬっとあったものと、ぬっとあるもの—近代ニッポンの遺跡』(ポーラ文化研究所)があるが、映画『進撃の巨人』は、その「ぬっと」出てくる心地悪さを執拗に描き出していた。原作との整合性や、明らかに不要と思しきラブシーンの存在の煩わしさなどなど、評価が芳しくない理由もわかる。しかし、巨大仏好きの心底にある「大きく出たね」と「ぬっとある」に興奮する感覚には一定の刺激を与える映画だった。とはいえ、この映画を理解してもらいたい優先順位として「巨大仏好き」はだいぶ低いだろうから、映画のお役には立てそうにない。

水原希子に積もる質の低い反意

さて、水原希子である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 日本最大120メートルの「牛久大仏」を初めて眼前にすれば、真っ先に出てくる言葉は「マジでやべえ」だ。あのホストの反応もまた巨大仏的であったのだ。 https://t.co/f6mSihsmfe 12ヶ月前 replyretweetfavorite

skbluegreen なるほどねー!「大きく出たね」かww見てないし見る気もないけど初めてちょっと興味が湧いた。 4年弱前 replyretweetfavorite

chiyio1011 水原希子さんについては、、、「なんかめんどくさい人だな」って印象しかない…。実生活でそばに居たら絶対近寄らないタイプ。 https://t.co/lbIJ1pjnUk 4年弱前 replyretweetfavorite

goodblue980 山口百恵が菩薩なら、水原希子は巨大仏、か… 4年弱前 replyretweetfavorite