PARCOをつくった「芸術家」—「堤清二/辻井喬 ふたつの目 オマージュ展vol.2」

まだまだ容赦ない暑さが続いていますね。こんな日は沢山の緑に囲まれた避暑地での展覧会巡りはいかがでしょうか。現在、軽井沢のセゾン現代美術館では「堤清二/辻井喬 ふたつの目 オマージュ展vol.2」が開催中です。堤清二さんと言えば、西武百貨店、パルコ、ファミリーマート、無印良品など多くの企業を育てた革命的経営者ですが、さらには詩人・小説家「辻井喬」としても大成された方です。かつて堤清二が深く関わってきた数々のブランドと、現代アートのコラボレーションをお楽しみください。

夏のバカンスに行くなら「海派」でしょうか、それとも「山派」でしょうか。もしも山派であるとおっしゃるのでしたら、やはり軽井沢は目的地として最有力候補と申せましょう。とりわけぜひ訪れたいのは、中軽井沢駅からしばらく車で走った林のなかに佇む、セゾン現代美術館です。

門を潜ると林が広がり、奥へ奥へと遊歩道がわたくしたちを誘ってくれます。歩道の右手や左手には、順にオブジェが見え隠れしていきますよ。安田侃やイサム・ノグチといった彫刻家による作品です。自然の緑と、人の手によってつくり出された物質が調和して、なんとも眼に優しい景観がそこに立ち現われておりますよ。

庭園をひと巡りして眼がきれいに洗われたなら、奥のほうにある建物へ足を運びましょう。メタボリズムという、かつて隆盛を誇った流儀の大家として知られる菊竹清訓設計の建築が、美術館の本体をなしています。このなかで現在開かれているのは、「堤清二/辻井喬 ふたつの目 オマージュ展vol.2」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodakohei 企業と個人と芸術と http://t.co/0eoT3lXM5a 4年以上前 replyretweetfavorite

casezuki 意地悪いタイトルの展覧会だな 4年以上前 replyretweetfavorite

ora109pon パルコをつくった「芸術家」 - 「堤清二/辻井喬ふたつの目オマージュ展第2弾」|どこより早い展覧会案内ーー 4年以上前 replyretweetfavorite