人生は毎日の服で変わる!

多くの人が間違っている「服選び」—vol.1

『いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える』が話題のスタイリストの山本あきこさんと、cakesでの連載をまとめた『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』を上梓したスタイリストの大山旬さんの対談が実現しました。2人とも、一般の方の自宅でワードローブをチェックし、コーディネートを指南するパーソナルスタイリストの先駆者です。今回はどんなファッションの極意をお聞きすることができるのでしょうか。

— 山本あきこさんの『いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える』と、大山旬さんの『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』は、それぞれ女性向け、男性向けがメインのファッション指南本ですが、書かれていることには共通点が多かったように思います。

いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える
いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則
できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

大山旬(以下、大山) 共通点、たくさんありましたね!

山本あきこ(以下、山本) はい。特に「シンプルな服を持ちましょう」というのは、お互いの書籍の、一番大事なメッセージでしたね。

大山 僕はご自宅にクローゼット整理に伺うことが多いのですが、皆さん、ものすごく服をたくさん持っているんですよ。僕よりも大量に持っている方のほうが多い。

山本 私もまったく同じです! ご自宅でクローゼットを見せていただくと、服の数は皆さん本当に多いんです。でも「たくさん服はあるけど、明日着ていく服がない」とおっしゃる。それって、実はシンプルな服を持っていないからなんですよね。

大山 いっぱい服を持っていれば、順繰りに使えるかというとそうでもないんですよね。キャラがかぶっている服が多いと、使い回しがしにくいですし。

山本 そう! お宅に伺ってコーディネートさせていただくときは、口癖のように「あのー、普通の白シャツはないですか? 普通のTシャツは……?」と聞いています(笑)。皆さん、プレーンな服をお持ちじゃないので、やっぱり組み合わせが難しい。

大山 わかります。僕もまずはシンプルな服だけ残して、そこからコーディネートをスタートするというのがセオリーです。
 白シャツでもワンポイントがあったり、色ステッチが入っていたり、ボタンが派手だったりすると、着回しがしにくいんですよね。まさに僕の本の表紙にしたような普通の白シャツがいいんですよ。でも「こういうシャツを買いましょう」と言うと「え? そんなに普通でいいんですか?」って驚かれますね。

山本 私のお客様にもそういう方が多いので、よくわかります。あともうひとつ、私がよく感じるのは、形のかぶりですね。
 私の本では、必ず手持ちの服を全部床に並べて俯瞰して、形のかぶりをチェックしてくださいと書いているんです。なぜなら、同じ形の服ばかり持っている方がすごく多いから。
 形が同じだといくら色や柄が違っても印象が変わらないんですよね。例えばチュニックばかり持っている人は、ボトムにいつもスキニーを合わせてしまいがちです。そのバランスが変わらないと、人のイメージはいつまでたっても変化しない。いろんな組み合わせを楽しんでもらうためにも、シンプルな服は必須ですよね。

大山 僕はお客様に「8:2」を意識するといいと伝えています。シンプルなものが8割。それがそろってから、少しずつ自分の好きなテイストを入れていけばいいんです。

ほとんどの人が、ワンサイズ上の服を買ってしまっている

山本 大山さんの本にも書かれていましたが、だいたいの方がワンサイズ上の服を着てらっしゃるんですよね。「自分は9号サイズ」などと思い込んで、試着しない方も多いです。でも、シンプルなものほど体のラインがきれいに見えるものを選ぶのが大事なので、必ず試着していただくようにしています。

大山 サイズ選びは難しいですよね。本の中にも書いているんですけれど、お客様にはいつも「試着して3分くらい我慢してください」と言っています。今までの服のサイズ感に慣れていると、最初はジャストサイズに違和感があるものなんですよね。だから、3分待って正しいサイズに慣れる時間が必要だと。

山本 普段ピッタリしたサイズを着てない方って、試着したときは「大丈夫かなあ?」って心配そうにおっしゃいます。でも、ちゃんとサイズが合った服を着ると、それだけで3キロくらい痩せて見えるんですよね。

大山 僕もサイズの誤解については、口を酸っぱくして言うようにしています。でも、一度提案したサイズに慣れてくださると、今度は「今まで持っていた服が大きすぎて着られない」「こんなに大きいサイズを着ていたんだ」と、価値観ががらりと変わる方が多いですね。

山本 大山さんがおっしゃる通りで、私もだいたいジャストサイズの身体にフィットしたものを選ぶんですよね。そうするとやっぱり家にあるものが大きすぎると気づいて、結果的に断捨離ができると言われます(笑)。クローゼットの中もだんだん正しいサイズにリセットされていきます。

大山 よく「スタイリングしてもらったはいいけど、また元に戻ってしまうんじゃないか」と不安に思う方がいらっしゃるんですが、「自分にはこれが似合う」ということがわかると、ほとんどリバウンドしないですね。体に綺麗にフィットして、自分のテンションが上がる服がわかると、毎日が気持ちよくなるから、それ以外の服は着たくなくなる。

— ほかにも、お客様のフィッティングをしているときに気づくことはありますか?

山本 これもでも書きましたが、女性の皆さんは、スカートのウエスト位置がだいたい低すぎるんです。ウエスト位置を正してあげると、ほとんどの方に驚かれます。「え? こんなに上で履くんですか?」って。そのたびに「いいんですよ。ウエストの位置から下が脚なんですから。ウエストあげたほうが脚、長く見えますよね」って(笑)。もちろん上にしすぎると変ですが、ほとんどの方は今より1、2センチあげていいはずです。

大山 男性の場合は、ジャケットの丈が長すぎると、お直しをしてもらうんですけれど、そのバランスが違うだけで、全く印象が変わりますね。買ったものをそのまま着るのが普通だと思っている方が多いんですけれど、実は、袖丈や着丈など、細かい部分でずいぶん変わりますから、必ずお店の人に見てもらった方がいいです。

ショップ店員さんは敵ではなくて、あなたの味方!

山本 大山さんの本「店員さんを味方につけよう」という文章がありましたが、すごく同感です。自分に似合うものを買い続けることができるかは、店員さんと仲良くなれるかどうかにかかってくるんです。私も、お客様に「店員さんをもっと頼って」と伝えています。

大山 僕のお客さんは、店員さんの接客にトラウマを持っている人が多いんですよ(笑)。「これ、似合いますよ」って言葉に押されて、本当は欲しくなかった服を買っちゃったという人も多くて。でも「バシって断っていいんですよ」と伝えてあげると、ほっとされる方が多いですね。店員さん、いちいち気にしていませんからって。そのトラウマから解放されれば、もっと店員さんとコミュニケーションをとれていいのになあと。

山本 私のお客様にもそういう方が多いです。だからこそ、いい店員さんと出会ったら長くお付き合いできるといいですよね。自分が好きなファッションの店員さんはいいアドバイスをしてくれる可能性が高いので、試着したらどんどん感想を聞いたほうがいいですね。

大山 例えば、初めて白パンを履いたとしましょう。でも、見慣れてないからそれ単体だけ見るとあせっちゃうんですよね。「オレ、こんなの履いて大丈夫かな」と。なので「この白パンに合うトップスは何ですか?」と聞いて、店員さんに持ってきてもらうといいんです。そうすると「これとこれを合わせればいいのか」ということもわかるし、そのパンツも受け入れられるようになるので。

山本 私もそう思います。お客様とショッピングに行くときは、もともとその方が持っているワードローブをデータでもらっているので、そのお客様が持っている私物に似た服が店内にあればそれを着てもらってから、実際に買おうとしている服を試着してもらいます。

大山 なるほど。自分の家にありそうなものを実際に着て確かめてみるんですね。

山本 店員さんに「私、こういうニット持ってるんですけど、似たようなのありますか?」と聞いて持って来てもらって、上下のイメージがつく状態で試着するといい買い物ができます。

大山 店員さんを「売りつけてくる敵」だと思わず、「自分にアドバイスをくれる味方」だと思うのは大事ですね。

いつもの服でも、3つの「首」を見せれば一気に垢抜ける

大山 山本さんが今回の本で何度も書かれていることですが、同じ服でも着方によって全然こなれ感が変わりますよね。シャツの袖をどれくらいロールアップするのかとか、どれくらい足首を見せるかとか。

山本 本当にその通りです。衿を立てるだけでも、すっきり細く見えますし。首、手首、足首の3つの「首」を見せるのがポイントです。それからよくお伝えするのはインしたシャツのブラウジング(たるませる)の仕方ですね。ほんの少しパンツから引き出してたるませるだけで、急に垢抜けて見えます。

大山 ブラウジング、大事ですよね。

山本 「シャツをインするとどうしてもお尻が気になる」というお客様には、「前だけインして、後ろはシャツを出しちゃっていいんですよ」とお伝えします。「え? そんな着方してもいいんですか?」と、びっくりされていましたけれど、いいんですよね。

大山 僕もジャケットの袖を軽く折り返したり、ジャケットの衿をラフに立てたりするのをオススメすることがあるんですが、男性にはそういった着方に抵抗感がある方もいます。その場合は、無理にやらなくてもいいですよと伝えています。
 ファッションに対する許容範囲って、人によって全然違うんですよね。僕のお客様は、ファッションに苦手意識を持ってらっしゃる方が多いので、そのような方には、階段を一緒に一段ずつ上るような感じで、少しずつ慣れていっていただきます。

山本 そこは男性と女性で違いのあるところなのかもしれません。私は書籍の中でもくり返し「迷ったら、本に載っている写真そのままのこのコーディネートのままで外に出てみてください」と書かせていただきました。「そうやって決めてもらえるところに安心感を感じた」という感想をたくさんいただきました。

— 山本さんの本の中で一押しされていた黄色いカーディガンが、一時期あらゆるお店から消えたという噂もありましたね。

大山 すごい!

山本 本を読んでくださった方に「黄色いカーデ、買いました」と言われることがすごく多いんです。本当に嬉しいですね。

(次回につづく)

構成:佐藤友美


予約のとれないスタイリストが明かした、簡単におしゃれになれるルールが満載の一冊!

いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える
いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える

必要なのは、センスではなく「技術」です。1000人の人生を変えた「服選び」のノウハウがこの一冊に!

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則
できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

この連載について

人生は毎日の服で変わる!

山本あきこ /大山旬

『いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える』が話題のスタイリストの山本あきこさんと、cakesでの連載をまとめた『できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則』を上梓したスタイリストの...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Koma_Studio ここに書かれている通り、服は本当にシンプルで大丈夫。 4年弱前 replyretweetfavorite

t_udagawa 汗かきにジャストサイズは厳しいんだよな…というのも思い込みなのかなぁ? 4年弱前 replyretweetfavorite

sainofmakoto 勉強勉強の日々を送る身(誇張)としてはちょう参考になる。 4年弱前 replyretweetfavorite

shun_4colors cakesさんの記事が拡散されているようで、今日はとっても賑やかな感じがします。とてもありがたいです!ランキングも1位になってるみたいですね!https://t.co/VGVTxtTgfE 4年弱前 replyretweetfavorite