デキない女のグッドな夫選びは、“3P”で探せ!

生涯の男を選ぶ条件っていろいろ。バブル期の3高(高身長・高学歴・高収入)や、バブル崩壊後の3低(低姿勢・低リスク・低依存)など時代とともにさまざまな提案がなされてきましたが、超メジャーライフスタイル誌『COSMOPOLITAN』が提唱したのは“3C”とは。さらに芳麗さんは、それでも満足できないといいます。さて、芳麗さんがたどり着いた“3P”って……?
この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための教科書です。

 アメリカ発、世界32カ国語で発刊、100カ国以上で流通している働く女性のための超メジャーなライフスタイル誌『COSMOPOLITAN』をご存知だろうか。

 伝説の編集長、ヘレン・ガーリー・ブラウンは、私の永遠の憧れの女性。まだ、アメリカでも女性が解放されていなかった時代から、誌面でキャリアやセックスについて知的に奔放にファッショナブルに語り、時代をリードする女性の生き方や哲学を提示してきた。
 かつては日本版もあり、今も活躍する著名な女性ジャーナリストや、直木賞作家の桜庭一樹さんもライター時代に執筆。20歳の頃から愛読者だった私も、最後の数年間、執筆に携わった。ディープな人生哲学とエロスやモードを並べて語るコスモの論調を、私は敬愛してやまないけれど、日本版は2005年12月に休刊へ。

 それでも、COSMOPOLITAN—愛称、コスモは、山田詠美や『Sex and The City』のキャリーとならぶ、私にとっては愛とリスペクトを注ぐべき“Elder Sister”のような存在。

 ねぇ、コスモ。日本にも当たり前のように働く女性が増えた、今こそ、あなたの存在が必要だと思うの。

バリバリ働く女性にとって“グッドな夫”の定義

「デキる女のグッドな夫選びは、“3C”で探せ!!」

 ミレニアムへのカウントダウンが始まった、1997年。コスモは、生涯の男を選ぶ際の条件をそう定義した。日本においては、バブル期の3高(高身長・高学歴・高収入)や、バブル崩壊後の3低(低姿勢・低リスク・低依存)など、時代とともにさまざまな提案がなされてきたけれど、“3C”とは?

Communication(コミュニケーション):コミュニケーションに積極的。
Consideration(コンシダレーション):思いやりがある。
Collaboration(コラボレーション):家事や生活に協力的。

『COSMOPOLITAN』の読者設定は世界基準のキャリアな女性だから、コレは精力的にバリバリ働く女性にとって“グッドな夫”の定義。

 当時の日本には、今ひとつ定着しなかったけれど、改めて本特集を読みこむと、さすが、先見の明がある。
 キャリアウーマンを目指す女性が多発しはじめた18年前よりも、女性が当たり前に働いている今こそ、ハマる。 いくら高収入で低リスクでも、多忙な日々、家事や生活に協力する気のない男、建設的な話し合いができない男との暮らしなんて、働く女にとっては拷問でしかない。

 実際、働く既婚女性たちに“3C男”について聞いてみると、「それは当たり前」という答えが返ってきた。女とともに男の意識も少しずつ変化したのだろう。今や、“3C男”は理想ではなく、デフォルトだ。

ケチな男と支配欲の強い男は、どちらがマシだと思う?

 では、今を生きる“デキる女”にとって“グッドな夫”とは?

 既婚女性に話を聞くと、夫に完璧に満足している人は1人もいない。仲は悪くなくとも「短気」「臭い」「稼ぎが悪い」「セックスがよくない」……etc. そして、何よりも「もう、男として好きじゃないのが不満」だという人の多さたるや!
 夫は、働く自分を尊重して協力してくれるだけで十分……ではない。本音を言えば、女性としても大切に扱って欲しい。すでに、男を感じない夫であろうとも、自分が女であることは感じさせてほしいのだ。ああ、欲張り!

 そんな妻の葛藤と不満の定期貯金が満期を迎えて、ある時、離婚にいたる夫婦もいる。でも、だいたいは、山ほどの不満を抱えながらも、それでもやっていく夫婦が多い。「何で別れないの?」という素朴な疑問に対して既婚者は、「我慢できる類の不満だから」とか、「我慢するだけのメリットがあるから」だという。

 男女関係において、我慢はあらかじめ必要なもの。長らく生活をともにする結婚ならばなおのこと。だから、高学歴やルックスや気の合うことみたいな分かりやすい長所を持つよりも、自分が我慢できないことを知り、不満はあっても我慢できる男を求めたほうがいい。

 US版のコスモポリタンも、夫選びのポイントについてこう語っていた。

「部屋の清潔度、ものの片づけ方とか、彼の生活のスタイルに耐えられる? 
 金銭感覚はどう? ケチも困るけど、金払いのいい男は支配欲も強い場合が多いわよ。
 あなたにとって我慢できないのはどっち?」

 どっちも嫌!

 たとえ、彼の態度に我慢はできても恋愛感情が完全に消えるのは耐え難いし、高収入な男じゃなくてもいいけど、一緒になっても生活レベルが上がらない結婚にノリ気になれない。ねぇ、コスモどうしよう?

なぜ篠原涼子は市村正親と結婚したのか?

 そもそも「デキる女」とはなにか。コスモの定義は、バリバリ働く「仕事のデキる女」のことだけど、仕事以外はどうだろう。よっぽど多才でなければ、仕事以外はデキない女の可能性が高い。身体も心も一つなのだから、公私の両立は難しい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
雑誌が切り取る私たち。—恋も仕事も思いのまま?

芳麗

「出産は人生見直しの大チャンス!」――時代に敏感な新旧の女性誌のキャッチコピーを振り返りながら、女の人生の選択についてポップに語る本連載。この道20年のベテラン女性誌ライター芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための教科書です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

micaringoo_sf 30代女性は忙しいので、恋愛に振り回される心の余裕はないのです! 4年以上前 replyretweetfavorite

vertanl これからパートナーを選ぼうという人にはピンとこないかもしれないけれど、既婚者には大いに納得できる結論。 4年以上前 replyretweetfavorite

yoshirei0702 cakesの連載エッセイ『雑誌が切り取る私たち~』を更新。 テーマは、「一生もののパートナーを選ぶ時の3条件とは?」 個人的には“3高男”も“3低男”もピンとこないから、 私の思う一生ものの男の条件、“3P”を定義してみました。 https://t.co/aoI9ZF9lgc 4年以上前 replyretweetfavorite

skbluegreen 格差とかだけじゃなく、ワレ鍋とトジ蓋のマッチングができないことが結婚問題のポイントかもね。男性雑誌側からはどうなんだろう? 4年以上前 replyretweetfavorite