フランスではオタクは「キモくない」?【第5回】

日本では、何かと「キモい」と批判されがちなオタク文化。とは言いつつ最近は、特殊な嗜好であったはずのオタク文化が、一般化・カジュアル化してきたようにも見受けられます。このように「一般」と「特殊」の線引きがあいまいになってきた世の中では、自分というものの「軸」をしっかり持たなければなりません。そんな「自分は自分」を教えてくれたのも、『美少女戦士セーラームーン』という作品でした。

フランスでは「オタク文化」はプラスイメージ

稲田豊史(以下、稲田) 僕は男ですし、『セーラームーン』放映当時はもう10代後半でしたから、当時番組を観ていることは、一部の友人を除いて周囲には言えなかったんです。クラスの女子にバレたら確実にキモがられますからね。だから割と肩身の狭い思いをして、その後もずっと秘めていました。ところが、ここ2、3年の間に仕事で関わった何人かのアラサー女性から、『セーラームーン』を観ていたという話題が出るようになったんです。そこではじめて、「実は僕も観てました」と言えるようになりました。

牧村朝子(以下、牧村) それまでは、タブー意識があったんですよね。大人や男性が『セーラームーン』を観ること、ひいてはオタク文化に対して。

稲田 放映20周年記念の動きもあったし、国民的名作アニメみたいな扱いになったことも大きいでしょうね。言える空気になって良かったなと。

牧村 けっこうフランスだと、そこのタブー感があんまりないんですよね。

稲田 そうなんですか。

牧村 まぁ、いろんな価値観がありますしね。そもそも、日本のように、「オタク文化」に対して、ちょっとキモイもの、アウトカーストなもの、リア充できないからオタクするんだよ、っていうネガティブなイメージがないんですよ。

稲田 昔からないんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
セーラームーンから「女子」を読む!

稲田豊史 /牧村朝子

アラサー女子=セーラームーン世代の心理を『美少女戦士セーラームーン』の作品解釈とともに明らかにし、話題となっているのが、『セーラームーン世代の社会論』です。自身もセーラームーン世代であり、セーラームーンには一家言ある牧村朝子さんと、著...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamininn https://t.co/lZdcIV4HQk 約4年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon フランスではオタクは「キモくない」 稲田豊史@Yutaka_Kasuga牧村朝子@makimuuuuuu 同人誌はフランス語でもdoujinshi https://t.co/F5wVU8xZBJ 中村綾花さんも書いてた。ヲタはパリに https://t.co/pBhvGYxX9K 約5年前 replyretweetfavorite

Yutaka_Kasuga ご存知、てんコミ『ドラえもん』34巻「『時』はゴウゴウと流れる」よりw→ 約5年前 replyretweetfavorite