第2ラウンド〜学校設立が始まった

再びフィリピンへと向かう僕。いよいよ英語学校設立に向かって、具体的なチャレンジが幕を開けた。

 僕は一度アメリカへと戻った。こちらにもビジネスがあり、そうそうお留守にもしていられない。でもアメリカに帰ったからといって、この計画が止まってしまうわけではなかった。中西さんや由木さんとたくさんのメールをやり取りし、どんな学校を作りたいか、住環境はどうしたいか、だれがいくらずつお金を出すのか、役割分担をどうするかなど、さまざまなことを決めていった。また、その合間に電子書籍を1冊出版。時間が慌ただしく過ぎていった。

どんな学校を作るのか?
 どんな学校を作るのかも、たくさんの会話の中でだんだん見え始めてきた。いろいろなアイデアがわいては消えたが、突きつめれば次の3点に集約された。

- どこよりも優れたカリキュラムを用意したい。

- どこよりも優れた教師陣をそろえたい。

- どこよりも清潔で快適な住環境の学校にしたい。

 こうして考えてみると、やるべきことははっきりしていた。日系のホテルが頭上に建築されつつあるJセンターモール内に場所を確保し、日本クオリティーの学校を作ればよいのだ。学校のオープン目標は2015年の5月。8ヶ月間でそこまでいけるのかはわからなかったが、とにかくそこを目指して突っ走ることに決めた。

 そしてその目標を達成するには、大きな障害があった。それはフィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁(TESDA)の審査をパスすることだ。英語学校はつまりは一種の職業訓練校なわけで、それを営業するためには、フィリピン政府から認可を得なければならない。

 このTESDAの審査内容には、カリキュラムはもちろんのこと、教室のレイアウトやデザイン、スタッフ、設立に必要な法的書類、経営、財政、税金面に至るまですべてが含まれるのだ。つまり、施設を完成させ教員も雇い入れた後でないと、申請さえできないということになる。

 しかしこのTESDAの認定を得るのは容易ではないらしかった。半年かかった学校さえあるという。もしも施設ができ、賃料や賃金が発生してから半年もかかったら、いくらお金があったって足りはしない。このTESDA取得をいかに最短期間でやってのけるか。そこが大きな鍵となりそうだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Matsuhiro これまでの視察フェーズはおしまいで、今週からいよいよ起業編に突入です! 4年以上前 replyretweetfavorite