伊藤計劃は「SFとしてすごいから売れた」わけではない 最終回

故・伊藤計劃氏の長篇3作『虐殺器官』『ハーモニー』、そして『屍者の帝国』(円城塔氏と共著)の劇場アニメ版の公開日がついに決定、「Project Itoh」はまさに最高潮を迎えようとしている。しかしそもそも伊藤計劃作品は、なぜここまで若い読者の支持を集めたのか? 気鋭のライターが徹底分析する。(全4回)

劇場版、3か月連続公開。
2015年10月2日(金) 『屍者の帝国』(監督・牧原亮太郎 制作・WIT STUDIO)
2015年11月13日(金)『虐殺器官』(監督・村瀬修功 制作・manglobe)
2015年12月4日(金)『ハーモニー』
(監督・なかむらたかし/マイケル・アリアス 制作・STUDIO4℃)


『虐殺器官』『ハーモニー』の内容に触れています。未読の方はご注意ください。

■アクションエンタメに絞った新人賞がないとか小説界はバカなの? 死ぬの?

 2015年10月から3ヶ月連続で『屍者の帝国』『虐殺器官』『ハーモニー』が公開される。それはそれは盛り上がることだろうと思う。
 そうして盛り上がって、伊藤計劃ブームは終わる。

 そうなってほしい、と言っているわけではない。むしろ、そうなってほしくなんかない。
 しかし映像化というものは、売上的にもメディア的な注目的にも、盛り上がりのピークをつくるものであって、それが終わったあとは、落ち着いていかざるをえない。
 これは端的な事実である。

 けれど伊藤計劃の名前を、その業績を、遺志を後世になんらかのかたちで継いでいくのに、よい方法がないわけではない。

「伊藤計劃賞」をつくることだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
エンタメSF・ファンタジイの構造[cakes版]

飯田一史

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hilbert_d 【はてブ新着ゲーム・アニメ】 4年弱前 replyretweetfavorite

nzm ”…伊藤計劃ブームは終わる。/伊藤計劃の名前を、その業績を、遺志を後世に…継いでいくのに、よい方法がないわけではない。/「伊藤計劃賞」をつくることだ。” 4年弱前 replyretweetfavorite

nyapoona あおおおおおお 4年弱前 replyretweetfavorite