恋の痛みを知るヴィーナス、お色気担当のマーキュリー?【第2回】

牧村朝子さんと稲田豊史さんが、『セーラームーン世代の社会論』を入り口に女子論、オタク論などなどを語り合う対談連載。第2回では、連載でもかなり反響のあった「セーラーチームのキャラクター」について。稲田さんと牧村さんの主観と、若かりし頃の思い出をふんだんに交じえながら、セーラーチームへのそれぞれの想いを語り合っていただきます。

「セーラーチーム」はみんな個性が光ってる!

牧村朝子(以下、牧村) 日仏の人気投票の結果を見て思うのは、「武内直子先生って、やっぱすごい!」っていうこと。他のアニメだと、「コイツいらないよね」っていうキャラができがちじゃないですか。戦隊ものでも、レッドはリーダーシップで、お調子者のイエロー、紅一点のピンク、クールなブルー……なのにグリーンだけ“空気”みたいな。

稲田豊史(以下、稲田) 『セーラームーン』ではそうなってないんですよね。名実ともに、誰が欠けてもダメ。僕は『ドラえもん』がすごく好きなんですけど、大長編でスネ夫が欠けても冒険は成立しますよね。ラジコンが得意なやつなんていなくても、危機はぜんぜん乗りきれる(笑)。話によっては、しずかちゃんさえいなくてもOKじゃないですか。風呂入って、応援してるだけだから(笑)。だけど、『セーラームーン』の5人は誰が欠けても危機を乗りきれない。武内先生がキャラクター1人ひとりの役割と魅力をきちんと考えて作っているからですよね。別に、藤子・F・不二雄先生が考えてないということではありませんが(笑)。

牧村 稲田さんはどのセーラー戦士がお好きですか?

稲田 ヴィーナス派なんですけど、今回の調査で結構人気があったのは意外でした。彼女は5人の中で一番“リア充”というか、スポーツもできて、おっちょこちょいではあるけど、快活で、あんまり悩まない。うさぎちゃんを除くと「リーダー」みたいな感じのポジションも確保されてるから、そういうのに魅かれますね。なんだろう、裏リーダーというか。

牧村 『コードネームはセーラーV』(※)の主役ですもんね。

※『セーラームーン』の原作者・武内直子がセーラーヴィーナス=愛野美奈子を主人公に描いていた、『セーラームーン』の母体的作品。

稲田 ヴィーナスっておもしろいんですよ。実はうさぎちゃん以上に天然のバカですから。

牧村 ぶっちゃけ言うと、初期のセーラームーンはただのバカじゃないですか。バカな自分を隠さないで「バカでーす」って言ってるでしょ? 戦いを経て成長するまでは。でもヴィーナスはちょっとスターで「カッコイイ私」って言ってて、バカなことするでしょ。バカがバカをやってもおもしろくないけど、気取ってる人がバカをやるとおもしろい。

稲田 ヴィーナスはタレント志望ですからね。そういうパワフルな欲望がステキだなぁと。キラキラしてて。うさぎちゃんは、舞台で積極的に前に出ようとはしないんですよね。

牧村 何にも考えてないですよ!  遅刻するー!  って言って学校行ってるだけ。

稲田 ヴィーナスはイギリスで失恋してたりとか、人生経験がいろいろありますからね。

牧村 えぇ!? カッコイイ!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
セーラームーンから「女子」を読む!

稲田豊史 /牧村朝子

アラサー女子=セーラームーン世代の心理を『美少女戦士セーラームーン』の作品解釈とともに明らかにし、話題となっているのが、『セーラームーン世代の社会論』です。自身もセーラームーン世代であり、セーラームーンには一家言ある牧村朝子さんと、著...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Btaros 「東大卒の男は亜美ちゃんが好き」??!? --- 約5年前 replyretweetfavorite

Yutaka_Kasuga 牧村さんとの対談第2回です。例によって強引にドラえもんをぶっ込みました→ 約5年前 replyretweetfavorite