夫婦で年収5000万円になる方法

失敗しないビジネスターゲットの決め方

「夫婦で年収5000万円になる方法」、第6回は「ビジネスターゲットの考え方」です。ビジネスは相手がいなければ成立しません。顧客がどこで困っているか、どんなサービスを望んでいるかをイメージするのがとても大事です。では、どこにターゲットを定めればいいのか? それはずばり「自分のすぐ後ろを歩いている人」です。

ターゲットは自分のすぐ後ろを歩いている人

第5回に、先生ビジネスについてお話をしましたが、今回はビジネスターゲットの考え方です。ターゲットは、ずばり「自分のすぐ後ろを歩いている人」が望ましいです。僕がマネーに関する情報を発信している相手とは、投資や運用の初心者であり、その道のプロではありません。だから僕のところに、知識も経験も豊富な投資家や、一流のファンドマネージャーが来ることはありません。

妻の仕事も同じです。声に問題意識を持っている人を対象としているので、先生より素晴らしい声の持ち主がわんさか来ることは考えにくい(とはいえ、プロの声優といった生徒さんもいらっしゃることがあるのですが……)。

つまり、自分が持っている知識や経験に関して、まだ自分の域に達していない人向けに提供すればよいということ。それならば、あなたが持っているスキルやノウハウを欲してくれる人を見つけやすいでしょう。それに、かつては自分もたどってきた道ですから、顧客がどこで困っているか、どんなサービスを望んでいるかもイメージしやすいはずです。

もし「ピンと来ない」という場合、たとえばリクルートが運営する「おしえるまなべる」というマッチングサイトを見てみると参考になります。本当に多種多様なレッ スンやレクチャーがあり、「こんなこともレッスンになるのか」と拍子抜けすると思います。そこから、「なんだ、これなら自分にもできるよ」と思えるものや「あ、自分もこれやってみたい!」というものが思いつくかもしれません。



(C)tec_estromberg

情報発信で「魚」を寄せ集めるために大切なこと

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

夫婦で年収5000万円も夢じゃない! 新しい時代の働き方。

世帯年収600万円でも諦めない! 夫婦で年収5000万円になる方法

--- - "午堂 登紀雄" - "秋竹 朋子"
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-06-19

この連載について

初回を読む
夫婦で年収5000万円になる方法

秋竹朋子 /午堂登紀雄

今の時代、先行き不透明な会社に勤めて、定年まで勤めても生涯年収はたがか知れています。また企業での女性の働き方にもまだ課題は多くあります。本書では、実際に世帯年収5000万円を実現した午堂登紀雄氏、秋竹朋子氏の夫妻による「夫婦」という家...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません