脳の個性を知ればパフォーマンスは上がる—菅原洋平インタビュー後編

このたび、『思いつきで行動してしまう脳と考えすぎて行動できない脳』(KADOKAWA)を出版された菅原洋平さんは、生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を行う作業療法士。「仕事や人間関係に悩んでいる人にこそ、自分の脳の個性を知り、高いパフォーマンスを出してほしい」と菅原さんは言います。そんな菅原さんに、ご自身の仕事に関すること、そしてビジネスパーソンに対して伝えたいことをお聞きした、インタビュー後編をお送りします。

睡眠もビジネスパーソンに必須のスキル

— 菅原さんは作業療法士として患者さんのリハビリテーションに携わる中で、ある思いを抱くようになったとか?

菅原洋平(以下、菅原) はい、仕事をバリバリやっているビジネスエリートの方が、いきなり健康を害してリハビリをせざるをえない……そんな状況をなんとか変えたいという思いが募っていきました。

— そのために菅原さんが提唱されてきたのが、ビジネスパーソンが自分自身で健康管理をする、つまり「セルフケア」ということですね。

菅原 リハビリテーションを担うようになってから、自分にできることはないかと、ずっと考えてきたのですが、その解決策のひとつが「睡眠の法則」をビジネスパーソンに伝えて、セルフケアを促すことでした。

— 菅原さんは以前、「睡眠」をテーマにした『あなたの人生を変える睡眠の法則』を刊行し、ベストセラーになっていますね。

菅原 病院でリハビリの仕事を続けていく中で、患者さんの中に、手術後すぐに回復する人と、なかなか回復しない人がいることに気づきました。

— 理由は何だったのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳

菅原洋平

仕事がうまくいかない……。ビジネスパーソンであれば、誰もが経験する悩みです。仕事が思ったように進まず、安定的なパフォーマンスを発揮できなければ、ストレスも溜まりますし、会社に行くのも辛くなってしまいますよね。その原因は、能力? スキル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirarisa_R みんなマジで寝たほうがいいよというお話 |思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳 https://t.co/JrF261Uid5 2年弱前 replyretweetfavorite

ActiveSleep 病気になるのはハイパフォーマーなんです!ノリにのっているときに知っておいていただきたいんです!みたいなことをお話させていただいたインタビュー後半です。そもそもなんで睡眠の本から書いたの?ということも。https://t.co/8gIfbrvSC3 2年弱前 replyretweetfavorite