それでも僕は、外科医をやめない

未熟な外科医の手術が上手くなるたったひとつの方法

頑張って勉強して医学部に入ったとしても、医療技術はイチから勉強しなければ身に付きません。そこに机上の成績は関係なく、手先の器用さと判断の的確さ、長年の経験から培われた勘などが医者としての評価へとつながっていきます。年間治療件数300件を越える現役の外科医が教える、手術がうまくなるたったひとつの方法とは……?


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

どんな職業でも、どんな会社でも新人のうちは苦労して仕事を憶えますよね。その業界、会社や部署の独特の習慣ややり方を憶えるのに一、二年はかかるんじゃないでしょうか。

今回は、「外科医はどうやって手術が出来るようになるのか」についてお話します。

若い外科医の、手術のトレーニング。

この業界でも語ることは長らくタブーとされ、「一子相伝の秘技」として暗闇のうちに行われてきました。間違いなく、これまで一度も外科医の口から語られたことの無い、外科界の密事です。

正直、私自身も語ることをためらいますが……今回は思い切ってお話してみようと思います。

さて、外科医はどうやって手術の練習をするのか?

結論から先に言ってしまうと、「手術をやりながら練習する」のです!

どういうことか、順にお話ししましょう。

まず医学生の時。医学生は必ず「ポリクリ」と呼ばれる臨床実習で、手術室に入り手術の見学をします。はじっこで見ているだけの時もあれば、実際に「手を洗って」あのドラマで見る青い帽子・マスク・ガウンを着て手術台に参加することも。「手を洗う」とは専門用語で、「5分間手を洗い、滅菌して清潔な状態となる」ことを言います。

この学生の時の見学で、だいたい「あたし、外科医になりたいっ!」とか「いやあ、僕には無理だよこんなの」なんて感じます。

外科医になりたくないと思う理由はさまざまで、「8時間飲まず食わず立ちっぱなし」や、「ミリ単位以下の細かい作業」、「コワイ手術室のナース」、「大出血時の緊迫した雰囲気」、「外科医のしょーもないセクハラや下ネタ」等が多いようですね。

外科医を志望した学生は、そのまま研修医で外科を数ヶ月さらに研修します。今度は学生の時と違い医師免許を持っていますから、ちょっとした手術を執刀することも。

研修医が執刀するチャンスがあるのが、若手外科医3種の神器、「アッペ」「ヘモ」「ヘルニア」(※説明は最後に)と呼ばれる手術たち。いずれも全身麻酔を必要とせず、1時間程度で終わり、どう間違っても患者さんが死亡する可能性がほぼない手術です。

研修医の執刀時には、あらかじめ「○○センセイ、来週の木曜ヘルニア当てたから」なんて予告が入ります。

だいたい外科の研修医って「手術したい手術したい手術したい」とずーっと鼻息荒く思っていますから、すでに手術書を読み、手術をやっていると聞けば夜中でも手術室に見学に行ったりします。つまり「手順」と「だいたいの景色」は頭の中に入っています。

そして手術になると、必ず熟練のコワーイ外科医が「前立ち」します。「前立ち」とは、「術者」=執刀医の文字通り前に(向かい側に)立って、助手という名で指導しながら安全に手術を完遂させる外科医のことです。

「前立ち」の外科医は、その手術に全責任を持って、「自分が執刀するのと同じクオリティで出来る」と判断したときにだけやらせます。

研修医は、ガチガチに緊張しながら初めての執刀を迎えます。

おそらく前日の夜もあまり眠れていないような顔をして、手術室に一番に到着し、患者さんの準備、レントゲンやCTなどを掲示し、ライトを合わせ、万全の状態で「前立ち」の先生を呼ぶのです。

そして手術を執刀しながら、「メスはこう持て!もっとしっかり切れ!」とか、「はさみの向きが逆だろうが!」とか、「いいから早く切れ!」なんて具合に怒られたり、ひどい時は頭突きされながらやっていきます。

そして全然手術が進まずどうしても出来ないときは、「取り上げ」と言って、執刀医を「前立ち」の先生と交代することも。

「執刀する」とは言っても、初めての執刀の時は何がなんだかわかりませんから、事実上「前立ち」の外科医が8割くらいはやってしまうのですが。2回目の執刀では6割くらい、もうちょっと出来るようになったら3割くらいしか手を出さないといった感じで、加減したりもします。

つまり外科医が手術の技術を習得するのは、まさに「手術中」なんですね。

あ、でも誤解があっちゃいけませんが、何も患者さんを実験台にして「よーし、この人のアッペ(虫垂)を練習でとってみよう!秘密だぞ!」なんてやるわけじゃありませんよ。

その手術手技の習得は、クルマの運転免許を取る時と良く似ています。

まず座学で道路交通法を学ぶように、体の構造=「解剖学」を学びます。そして実際に自動車学校で「ブレーキ、アクセル、クラッチはこれ。ウインカーはここで、窓はこのボタン」と実際のクルマで学ぶように、あとは手術中に学ぶのです。

クルマの運転でも、「このタイミング!」という時に右折したり、クラッチをゆっくり上げていく感覚は教科書で読むより、実践するのが一番ですよね。何度もエンストしてクラッチなんか憶えるじゃないですか。

手術でも同じで、腸を引っ張る強さ、メスで皮膚を切る時の押し当てる強さ、ちくちく縫う時にかける針の深さなど、手術を実際にやらせながらでないと伝えられないことだらけなんです。

しかし研修医は、外科医にとってはズブのド素人。研修医に執刀させることは、自分の外科医生命を賭けることになります。研修医は研修医で、前立ちの外科医に全てを委ね一から十まで教えてもらうのです。その上下関係は義理人情や命の預けあいといった感覚。これは少し、普通の会社の上下関係とは違いそう。寿司職人や伝統工芸の職人さんなんかが似た感覚かと思います。

私も一生頭の上がらない命の恩人外科医は何人もいますし、私のことをそう思ってくれている若手もいることでしょう(多分……)。

そして、徹底的にボスの真似をする。はさみの使い方、メスの入れ方、結紮(けっさつ、糸を縛ること)の仕方……果てには、歩き方やしゃべり方、酒の飲み方に至るまで、ひいては生き方まで似てくることがあるんです。それくらいの気合で「完コピ」して手術を憶えるわけです。

それから、「1万時間集中してやれば一流になる」という話を聞いたことがありますけど、少なくとも外科医はそれでは全然足りません。計算すると平日に8時間くらい手術しても5年で1万時間。外科医は10年でも一人前ではありません。3万時間くらいは必要な感覚です。

いかがでしたか。

外科医の職業訓練、それはまさに手術をやりながら手術の練習をするというものでした。こんな話を聞くと「若いドクターに執刀されるんじゃないか」とゾッとするかもしれませんが、手術のクオリティは怖いコワイ「前立ち」の熟練外科医によって保たれていますから、ぜひご安心を……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0t0nagenai まさにこれ…… https://t.co/tSQu0vps3k 7ヶ月前 replyretweetfavorite

HalYaszk 外科医の修練に関する面白い(?)記事を見つけ。 https://t.co/8RVCaVmUak https://t.co/ARWDDHcSwt 約2年前 replyretweetfavorite

nvlxxplatinumxx これでも読めば!?(笑) 約2年前 replyretweetfavorite

sobersobersober 「研修医に執刀させることは、自分の外科医生命を賭けることに」 ドクターの友達はカテーテル、カテーテルしか言っていない 2年以上前 replyretweetfavorite