企業レビューサイト「Glassdoor」が透明にしてしまう企業と社員の関係

アメリカで転職希望者たちが重宝している「Glassdoor」というウェブサイトをご存じでしょうか? 企業の求人情報が掲載されているだけではなく、社員や元社員が匿名で企業を採点し、給料や職場の雰囲気など、具体的な内部情報まで手に入れることができるサイトです。もっとも、どんな企業であっても、その社風はポジティブにもネガティブにも受け入れられるようで……。同サイトで評価1位となったHupSpotについての記述から、アメリカのビジネスマンたちの志向を探ります。

企業の内部情報を得られる「Glassdoor」

アメリカで転職希望者がよく利用する「Glassdoor」というサイトがある。社員や元社員が匿名で雇用主の企業とそのCEO(最高責任者)を採点するもので、職場の雰囲気、給料、就職面接などリアルな内部情報を得ることができる。

「匿名の評価だと偽社員やライバルの誹謗中傷で荒れるのではないか?」という懸念があるが、コンテンツマネジメントチームが、登録に必要なEメールアドレス、Google+、Facebook、評価の内容から真偽をチェックするので、悪用は避けられるという。Glassdoorによると、提供された評価の15~20%は「本当の社員だというのは疑わしい」として拒絶しているとのことだ。

Glassdoorで98%という高支持率で「社員の評価が最も高いCEO(最高経営責任者)」ランキングの1位になったのが、これまでの記事でご紹介したHupSpot(ハブスポット)のブライアン・ハリガンである。ハブスポットそのものも、ポジティブ評価が94%という高評価だ。フォーチュン誌の「100 Best Companies to Work For(全米で最も就職したい会社100)」のトップはGoogle(グーグル)だが、Glassdoorにおけるハブスポットの社員評価平均点は4.7で、グーグルの4.4点よりずっと高い。

Glassdoorのハブスポット社の評価を読むと、ポジティブ、ネガティブどちらも率直で、偽社員だと思わせるものは見当たらない。

多くの評価に共通するハブスポット社の特徴は次のようなものだ。面白いのは、ポジティブな評価を受ける特性には必ずネガティブな視点もあるということだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watari922 Glassdoorってなんやねんって方は、(古いエントリだけど)こちらを https://t.co/zTdbbAedaC 2年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe さっきまで話していた企業の話です。その③> 5年弱前 replyretweetfavorite

yattitude HubSpotの理念や企業カルチャーに触れると敬意しかない> 約5年前 replyretweetfavorite

hirarisa_R アメリカ版「みん就」の話 |アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里 https://t.co/2jLFO7yie1 約5年前 replyretweetfavorite