心のベストテン

ミスチル、道重、テイラー、ZEDD……1989の革命者たち

Mr.Children、道重さゆみ、テイラー・スウィフト、ZEDD……最近の音楽界のキーパーソンが、1989年生まれだって知ってましたか? 大きく歴史が動いたこの年に生まれ彼らの活躍。そして、IではなくWeを主語にしたEDMの真の意味とは。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

イラスト:長尾謙一郎

激動の1989年は「革命者」が生まれた年

大谷ノブ彦(以下、大谷) 前回はテイラー・スウィフトの話でしたよね。実は僕もテイラーに関して話したいことがあるんです。1989年生まれが世界を変える、という話。


テイラー、ZEDD、ミスチル、道重……1989年生まれの革命者たち

柴那典(以下、柴) テイラー・スウィフト、ZEDD、Mr.Children、道重さゆみ。バラバラなメンツですけど—。

大谷 これがみんな1989年生まれなんです。ミスチルはこの年に結成されている。この1989年はね、世界中で歴史が激動した一年だったんですよ。

 日本は平成元年ですね。昭和天皇が崩御して元号が変わった。

大谷 手塚治虫も、美空ひばりも、この年に亡くなっている。バブル崩壊もこの年です。 まさに「昭和」が終わったのが1989年だった。中国では天安門事件が起こって、ドイツではベルリンの壁が崩壊。ゴルバチョフとブッシュが冷戦の終わりを宣言したのがこの年なんです。

 なるほど。たしかに象徴的な一年ですね。

大谷 歴史を振り返ると、1789年がフランス革命なんです。そこから近代が始まったわけですよね。そして、その200年後に、また大きな変革期が訪れた。その年に生まれたのがテイラー・スウィフト。そしてもう一人、ZEDDなんです。

— ZEDDはどんな人なんですか?

大谷 今のEDMシーンを担うスターですね。今年のサマソニにも出るんで、絶対観たほうがいい。 ※EDM:Electric Dance Musicの略。トランス、テクノからハウス、ドラムンベース、ダウンテンポとエレクトリックなど、電子音で踊れる音楽ジャンルを包括していてる。

 そうですね。ただ、後で話しますけど、僕としてはEDMの枠組みだけに収まらない、次の時代のポップ・ミュージックを担う天才だと思います。とにかく曲がいい。アルバム『True Colors』は僕の中では、2015年の上半期ベスト1ですね。

Zedd「I Want You To Know 」ft. Selena Gomez

大谷 この人、生まれたのはロシアなんですよ。そこからドイツに移住して育っている。つまり激動の時代に幼少期を過ごしてきた人なんです。

 なるほど。だから1989年という時代の節目に生まれたということに意味がある。

大谷 テイラーもそうですけれど、その年に生まれたスターは「革命者」だと思うんですね。道重さゆみさんもそう。彼女も革命を起こしたんです。

— どういうことですか?

大谷 道重さゆみさんは、歌も踊りも下手で、アイドルとしては落ちこぼれだったんです。自分でもそう言っていた。でも、あの人は誰よりモーニング娘。がすべてだったんです。そしてモーニング娘。も、道重さんが覚醒してから大きく変わった。

 道重さんが加入したのは2003年加入。その後は初期のメンバーも軒並み卒業して、90年代末の全盛期に比べると人気も落ち着いた感じになりますよね。

大谷 そう。そこで彼女は、モーニング娘。をもう一回復権させることを目標にしたんです。まずはハロプロ内でも誰よりも最初に公式ブログを始めた。自分から発信することを始めた。そして、彼女の中で一つの決意が生まれた。

 決意ですか?

大谷 それは「私はかわいい」と主張することなんですよ。テレビのバラエティ番組でもそうやって偽悪的に主張することによって、自ら嫌われ者になった。そして、敵を作りながらモーニング娘。に目を向けさせた。
 しかも、彼女がリーダーになった2012年からは、ダンスのスキルもどんどん上げて、J-POPのフィールドの中でいち早くEDMにアプローチしたわけです。

 確かに「ブレインストーミング」とかめちゃくちゃ格好いいですもんね。その頃から人気が再燃した。


モーニング娘。 「ブレインストーミング」

大谷 そう。落ちこぼれだったアイドルの少女が革命を起こした。それが道重さゆみだったんです。

EDMは「エンターテイメント・大合唱・ミュージック」

 実際、今のJ-POPの趨勢はEDM抜きには語れないですよね。三代目J Soul Brothersも、EDMシーンの世界的なヒットメーカーのAfrojackと共作した「Summer Madness」が大ヒットしている。

大谷 あの曲、僕も大好きです。


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Summer Madness」 feat. Afrojack

 つまり「EDMとはそもそも何なのか」ということを改めて話そうと思います。ZEDDを聴くと痛感するんですが、EDMって「 “WEの時代”のポップ・ミュージック」なんですよ。


ミスチルとZEDD、「I」の時代と「WE」の時代

大谷 ほうほう。ミスチルが“Iの時代”で、ZEDDが“WEの時代”。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keisuke0514_mc 心のベストテンでどんな話題になったのかな? 4年以上前 replyretweetfavorite

ma_witter 道重さゆみさんと名前が…。ありがたいありがたい。うれしいうれしい。 約5年前 replyretweetfavorite

monaken 1件のコメント http://t.co/4RlBr 約5年前 replyretweetfavorite

monaken 1件のコメント http://t.co/4RlBr 約5年前 replyretweetfavorite