日本建築論

​混在併存の思想:第7章(2)   

明治以降、とりわけ20世紀の日本建築論の底流には、「日本という国への意識」というものが逃れようもなく響いています。そうした中から、実際に形をとって立ち上がってくるのが、日本の近代建築であり、それによって覆い尽くされているのが日本の都市です。よって、日本の建築を見るときには、「日本とは何か」「日本的なるものとは何か」という問いに、対峙せざるをえません。本連載では、伊勢神宮(宗教)、国会議事堂(政治)、桂離宮vs日光東照宮(天皇制・体制転換)など、シンボリックで具体的な有名建築をとりあげ、それらを巡って繰り返し重ねられてきた議論を一つずつ追っていきます。それを背景に、20世紀日本のナショナリズムとモダニズムの相克を読みとく連載です。

○丹下健三とは異なる道を歩んだ同級生

 前回、1950年代の建築ジャーナリズムのなかで、丹下健三への対抗軸としてかつぎ出された白井晟一をとりあげた。両者は弥生VS縄文の構図をもちながらも、ともに民衆の存在を意識していた。もっとも、白井は日本の古建築からネタを探してくる伝統論のデザインではなく、世界史的な視野から独自の伝統拡大をめざした。その結果、日本だけでは完結しない、「畑のパルテノン」と呼んだ松井田役場(1956)などを手がけている。

 国立能楽堂を設計した大江宏も、こうしたストレートではない、丹下とは異なる、ねじれた伝統論を構築した建築家だった。しかし、その思想は白井とも全く異なるものだった。彼は1913年に秋田で生まれ、父の大江新太郎が日光廟300年祭記念で日光東照宮の大規模な修復工事に携わっていたことから、幼少期を日光の安養院で暮らしている。そして東京大学では、丹下や立原道造とともに建築を学んだ。丹下とは同級生だった。当時、東光堂が外国の雑誌や洋書をかついで大学に持ってきて、製図室で広げると、そこで紹介されていた最新の近代建築に魅了されたという。

 すなわち、大江は古建築の技術者に囲まれて生活し、大学ではモダニズムに傾倒した。卒業後は1938年に文部省に入り、その頃に中宮寺の御厨子(1940年)を設計している。が、1946年頃、御茶ノ水に、雨漏りがするので、室内で傘をさすような焼けビルを借りて事務所を始めたところ、法政大学の建築学科に呼ばれた。彼は、戦災で校舎を失った大学の復興計画として53年館を設計するが、これはピロティをもつル・コルビュジエ風のデザインだった。続いて、手がけた55年館も、純正なインターナショナル・スタイルである。

 このあたりの展開は、丹下が戦後に広島の平和記念資料館を手がけたのと、おおむね似ているだろう。だが、大江は、師事していた堀口捨巳が設計したサンパウロの日本館の現場管理を担当するために、海外に半年滞在し、そこで方向転換のきっかけを得る。このときの経験は法政大学の58年館の一部に反映したが、次に1965年、三か月間、南ヨーロッパ、地中海、中近東などを旅行し、これで決定的に異なる道を切り開くことになった。

 二つの旅行の詳細については後述するとして、その前に日光への態度に触れておこう。よく知られているように、大江が大学で過ごした1930年代は、ブルーノ・タウトが来日し、伊勢神宮や桂離宮をモダニズムと通じるすぐれた建築と評価した一方、装飾過多な日光東照宮を「いかもの」と批判した日本文化論がもてはやされた時代だった。大江は幼少の時から建築を志していたわけではないが、やはり日光を悪者扱いする伝統論に違和感を覚えたという。

 彼は最終講義「建築と私」において、「日光が、私のおぼろげながら、遡れる一番古い思い出、追憶なんです」と述べている(大江宏『歴史意匠論』1984年)。そしてこうも論じた。「日本の伝統というのは、いまの日光も含めて、非常に異質のものが複数寄り集まりながら、一時的な単純な構成でなくて、重なりあっている」(『大江宏対談集 建築と気配』思潮社、1989年)。それは特殊性ではなく、世界に共通する普遍性にもなる、と。つまり、伊勢や桂を起点に置く丹下とは、出発点から異なっていたのである。


○二つの海外旅行が変えた世界観

 大江は最初の海外旅行において、まずは雑誌で見ていたインターナショナル・スタイルの建築を現地で確かめに行くのだが、南米に入ってからそのビジョンが変化したという。サンパウロに滞在中、地元の建築学生と交流するが、ミース・ファン・デル・ローエやル・コルビュジエの名前が出てこない。ここでは、むしろフランク・ロイド・ライトが圧倒的に有名だった。とすれば、日本でインターナショナル・スタイルとして学んだものは、必ずしもインターナショナルではないのではないか?

 日本では、ル・コルビュジエに師事した前川国男や吉阪隆正らの先達がおり、彼らがその思想を伝えた。が、その下の世代の大江は、遅れてきたがゆえに、ミース、グロピウス、ル・コルビュジエだけでない世界のありようを体感した。そもそも彼は、小学校の頃はライトが設計した帝国ホテルに魅力を感じていたと回想している(「建築と私」)。日本好きのライトだが、伊勢や桂のような建築とはまるで違う、むしろ、装飾的な細部や素材の感覚が際立つデザインである。

 1954年の海外体験は仕事の手伝いがきっかけであり、必ずしも意図したわけではなく、偶然の要素が大きかったが、1965年の旅行は確信に満ちたものと言えるだろう。自分の意志で、南ヨーロッパ、地中海、イスタンブール、イランなどのエリアを選んでいるからだ。

「建築の伝統的要素などということを単独にとり出して論ずるなどということのきわめて困難なことであることも思い知らされた。しかも過去の偉大な遺産のなかには、こうした要素が、深くからみ、溶けこんでいるのが事実であり、それがどんな形で現れるかは時として全く予測を許されない」(「現代建築のこと、伝統のこと」『建築作法』思潮社、1989年)。

 このとき彼は、様式が確立する前のプレ・ロマン、あるいはヴァナキュラーな風景を訪れている。そして帰国後は、古典主義とは違う独特の細い柱列をもつ普連土学園(1968)、乃木会館(1968)、折衷的な角館伝承館(1978)などを発表したのだが、そこでの作風は大きく変化した。

 大江は、1950年代の伝統論争、1960年代のメタボリズムの流行などに対し、「私はその何れに対してもしっくりとはなじめなかった」と述べている(「社殿の設計とその背景」『建築作法』)。実際、当時の『新建築』誌上では、彼はこうした一連のにぎやかな議論に参加していない。すなわち、川添登が仕掛けた丹下を軸とする伝統論が、日本の古建築の要素を還元し、抽象化しながら、モダニズムにダイレクトに接続させる手法をとらなかった。そして独自の道を開拓し、二つの世界旅行がその方向性を決定づける。例えば、大江はこう指摘している。「ヴァナキュラーなものというのは、深いところの地下茎でつながっているところに意味があって、ぼくはそういう意識で地中海世界を歩いた」(『歴史意匠論』)。現在から振り返れば、彼の態度を「ポストモダン」と括ることができるかもしれない。ただ、アメリカで起きている新しい動向を輸入しながら、こうした見解に到達したのではなく、すでに1960年代においてあくまでも個人の経験と自己の思考から導いていることは特筆すべきだろう。


○ 混在併存の建築

 「混在併存」という言葉は、大江自身が命名したものではなく、『新建築』の編集者、馬場がつけたらしい。したがって、まとまった宣言文があるわけではないが、本人もしばしばこの言葉を使い、その思想とデザインを説明している。彼によれば、「近代建築をより完全な建築に仕立て上げたい」がために、洗練をめざして、「いろいろなものを切り棄てるのではなくて、そのまま並立し合わなければものごとはすべて成り立たないという現象」が混在併存だという(「混在併存から渾然一体へ」/『建築作法』)。

 例えば、香川県文化会館は、近代的な技術による建築の内部空間において木造作の構成の手法が用いられるが、「これらふたつの異質の要素が時に矛盾し、時に対立しあい、混在併存しつつ日々の生活を支えている日本の現実を、そのままに反映しようとするところに建築創造の意義をあらためて見出そうとした」(「混在併存」前掲書)。丸亀武道館も、コンクリートと木という異質で対極的な素材を組み合わせながら構成している。同時代の建築家・宮脇檀も、コンクリートの躯体の内部に木造のインテリアを入れ子状に挿入していたが、基本的に住宅であり、大江のような歴史的なパースペクティブのある伝統論に接続させなかった。

 一刀両断の明快なコンセプトではない。彼の経歴を反映して、幾つもの異なるレイヤーが折り重なったデザインである。したがって、大江はわかりにくい建築家と呼ばれた。あれもこれもという意味において、石井和紘も想起されるかもしれないが、彼はすでにポストモダンという言葉が定着した後、アメリカ型の方法論を自作に応用し、記号的に歴史的な要素を軽やかにサンプリングしており、その意図が明白な建築だった。が、大江は、ヴェンチューリがアメリカの風土から登場するのは理解できるが、いきなり日本に持ってきてもなじまないのではないかと述べている(『歴史意匠論』)。また彼のデザインは、もっと複雑に異なる要素が溶け合い、身体化したレベルで混ざっていた。

 もっとも、モダニズムへの疑問という態度は、ポストモダンと共有している。例えば、大江は、近代建築は「シルエット、プロポーション、マス」などの側面に偏重し、個々の「ディテールの美的表現—いわば装飾性」が切り捨てられたという(「ディテールの美的表現」前掲書)。

 大江によれば、「日本建築の特徴がその開放性、ないしは無限界性にあるかのごとく錯覚されたことがある」。これは機能主義の流行と関係していたが、「日本の住空間構成上、今ひとつの大きな特性は、大小複数の棟が相互に関連し合って造りだす布置と地割の立体的構成に象徴される」という(『建築作法』)。

 こうした考え方は、分割された複数の屋根をもち、マニエリスム的な関係性によって柱と壁が配列された国立能楽堂に反映されているだろう。ここで大江は、私的な住まいである書院や数寄屋の伝統よりも、公的なアーキテクチャーというべき寺院や神社を意識している(『大江宏対談集 建築と気配』)。ところで、前回まで見てきた丹下、白井、岡本太郎らの伝統論と違うのは、民衆の存在がないことだ。大江は、あくまでも歴史意匠論という枠組からデザインの思考を築きあげたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本建築論

五十嵐太郎

明治以降、とりわけ20世紀の日本建築論の底流には、「日本という国への意識」というものが逃れようもなく響いています。そうした中から、実際に形をとって立ち上がってくるのが、日本の近代建築であり、それによって覆い尽くされているのが日本の都市...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon 混在併存の思想:第7章(2)| 約3年前 replyretweetfavorite

consaba 混在併存の思想:第7章(2) 丹下健三とは異なる道を歩んだ同級生 大江宏| 5年弱前 replyretweetfavorite

ynwa20110311 混在併存の思想:第7章(2)|日本建築論|五十嵐太郎|cakes(ケイクス) 「日本らしさ」はもはや漠然としたイメージの伝統でしかない。 https://t.co/nuENhQZeOr 5年弱前 replyretweetfavorite