仕事でハイパフォーマンスを発揮する秘訣とは?—菅原洋平インタビュー前編

「人間の脳タイプには同時系=ひらめきタイプと継次型=堅実タイプの2つがある」と、作業療法士として生体リズムや脳の仕組みを使った人材開発を行っている菅原洋平さんは言います。それぞれの長所と短所をうまく活用することが、仕事で高いパフォーマンスを発揮する秘訣とのこと。このたび、『思いつきで行動してしまう脳と考えすぎて行動できない脳』(KADOKAWA)を出版された菅原さんに、ご自身の仕事に関すること、そして書籍刊行に対する思いを2回に分けてお聞きしました。

ビジネスエリートが脳の病気を患うという現実

— 菅原さんの肩書は、作業療法士ですよね。

菅原洋平(以下、菅原) はい、簡単に言うと、患者さんのリハビリテーションをお手伝いするのが仕事です。

— 「リハビリ」と、菅原さんの現在の研究テーマである「脳」は直接的にイメージが結びつかないのですが、なぜ脳の研究をされているのですか? 

菅原 あまり知られていないのですが、もともと作業療法士は脳を扱う仕事なんです。一般の人がいちばんイメージしやすいのは、病気でいうと「脳卒中」ではないでしょうか。

— どういう関わりがあるんですか?

菅原 脳卒中は、脳の血管が破裂して体の片方が麻痺するという病気ですが、麻痺した手足の機能を回復させるお手伝いをするのが作業療法士の仕事です。そのためには、手足を治すのではなく、手足を動かしている脳を治すために脳の働きを知ることが欠かせません。

— もともと脳には興味があったのですか?

菅原 大学では解剖学や生理学を学んでいたのですが、そこで「解剖」にハマってしまったんです(笑)。

— 解剖の魅力は、どこにあるんですか?

菅原 たとえば、たとえば、手の付け根には小さな骨が8つ並んでいて、絶妙なブリッジをつくっている。その形以外にあり得ないというような絶妙なバランスを保って、手を動かしています。

— なるほど。

菅原 解剖を通じて、人間が体を動かすために骨や筋肉、臓器といったものが非常に合理的に形成されていることがわかり、「人間の体はうまくできているのだなあ」と惹きこまれました。

— そう考えると、人間の体って不思議ですよね。

菅原 そうなんです。同じように脳も解剖すると、脳の神経の配列も、実に合理的にできている。この脳のつくりを知ることで、人の力を最大限に引き出すことができるのではないか、と、とても興味深く感じました。

— その後、実際に脳のリハビリテーションに従事することになるんですよね?

菅原 はい、民間病院の精神科に勤務したあと、国立病院機構の神経内科でリハビリテーションに携わることになりました。

— どんな病院だったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
思いつきで行動してしまう脳、考えすぎで行動できない脳

菅原洋平

仕事がうまくいかない……。ビジネスパーソンであれば、誰もが経験する悩みです。仕事が思ったように進まず、安定的なパフォーマンスを発揮できなければ、ストレスも溜まりますし、会社に行くのも辛くなってしまいますよね。その原因は、能力? スキル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saluer 「作業療法士は脳を扱う仕事 」 約5年前 replyretweetfavorite

ariga_yuki 人間ってすごい。 約5年前 replyretweetfavorite

MF_BOOK_PR 『思いつきで行動してしまう脳と考えすぎて行動できない脳』著者・菅原洋平さんのインタビュー掲載。会社帰りにいかがでしょうか。  約5年前 replyretweetfavorite

sharuka0 脳科学関連大いに興味アリ 約5年前 replyretweetfavorite