第11回】宇宙でエッチ 《後編》

「宇宙でしたカップルって、今までにいるのかなあ。」宇宙を飛んだ人は500人以上いるけれど、宇宙で生まれた人は、ただの一人もいない。『宇宙でエッチ』人類史上初の宇宙での生殖の試みを、誰がやるのか。NASA技術者の小野雅裕が想像する未来では、ある国が偉業を成し遂げるのではないかと考えていて...。

《前編》はこちらから

 子供のころの僕の興味は宇宙や電車のことばかりで、普通の子が当然知っているような知識がスッポリと抜け落ちていました。性についても、僕は小学校の高学年になっても肝心な部分、、、、、を全く知りませんでした。だから、性教育の時間に「ハイ」と手を挙げ、大きな声で元気よく質問をしたのでした。

 「先生、どうやって精子は女の人の体に入るのですか?」

 かわいそうに、若い女性だった保健の先生は赤面して何も答えられず、クラスの友人たちは一斉に大笑いしたのですが、僕はどうしてなのかさっぱり分かりませんでした。その後の休み時間に馬鹿な友人が廊下でドデカい声で講釈を垂れてくれて、はじめて僕は肝心な部を知ったのでした。

 そんなことはどうでもよいとして、前回お話したとおり、その肝心な部分を宇宙でするなどNASAもJAXAも試みていないのですが、将来人類が宇宙で子孫繁栄するためには決して避けて通れない。では誰がどうやって実験するのか。もうちょっとストレートに申し上げますと、宇宙にカップルを打ち上げ、エッチから出産まで、人類史上初の宇宙での生殖の試みを、誰がやるのか。

 アメリカは全土で同性婚が合法化されるくらい性にオープンなのだから、NASAならばやれるに違いない、と思われる方もいるかもしれません。実はその間逆です。アメリカに住んでみて思ったのですが、ある面においては日本の方がよほど性にオープンです。

 たとえば、JPLでは職場でエッチな動画をみていることが見つかったら問答無用で即解雇です。日本では駅を降りて一本路地を入ればピンク色の看板が並んでいますし、電車の中吊りに誰それのヌードの袋とじなどという広告があり、高速道路から見えるところに堂々とラブホテルの看板が掲げられています。あれはアメリカでは社会的に決して許容されない光景です。アメリカは性に非常に厳格な一面を持っています。

 宇宙でポルノビデオを撮るなんていう話が出ることと一見矛盾するように聞こえるかもしれません。私見ですが、アメリカでは「概念としての性」と「行為としての性」が明確に分離されているように思います。精神的な愛と肉体的な愛の分離ともいえます。つまり、「愛とは何か」というJ-POPの歌詞みたいなテーマや、同性愛者の権利といった、概念としての性については恥ずかしがらず真面目に議論します。でも具体的な行為に関する事は、日常生活で目に付く場所からは完全に隔離されています。ポルノや性産業はもちろん存在しますが、お日様の当たる健康的な世界からは目に見えない線で隔たれています。国の威信を肩に担ぎ、少年少女に夢を与えるのが仕事の宇宙開発はお日様の当たる世界の事業の典型です。線の向こうの世界と混じることは決して許されないのです。

 反対に、良いか悪いかという価値判断は脇に置いておいて、日本、あるいは東洋では、概念としての性と行為としての性がゆるく混じりあっているように思います。だから愛について語ることに一抹の恥ずかしさを覚える一方、ピンクの看板を街中に堂々と掲げることは社会的に許容されるわけです。

 これには文化的な理由があるのでしょう。たとえば日本神話では、イザナギとイザナミの兄妹がエッチしてできた八人の子供が日本列島の島々になったとされていて、その行為に当たる部分もなかなか赤裸々に書かれている。現代でも、川崎に男性器が堂々と祭られている神社があったりします。性器を汚猥ではなく神聖とする信仰は日本に限った話ではなく、インドの街角ではシヴァ神が男女の性器の形に模されて祭られていて、お参りするときはそれにミルクをぶっかけます。ギリシャ神話もなかなかのもので、夜空の星の名前は最高神ゼウスの愛人や子供だらけです。

 むしろ、愛の精神性を肉体性から分離させるキリスト教のほうが特異だと言えましょう。イエスさんは一言も「エッチは不浄だ」なんて言っていませんが、おそらく処女のまま子を産んだ聖母マリアへの強い信仰から、純潔を美徳とする思想が後世になって生まれたんだと思います。反対に、東洋では元来、行為としての性も、汚いものでも、隠すものでも、恥ずかしがるものでもなかったのだと思います。


  話を宇宙に戻しますと、そんな風にエッチに対する文化的許容度が高い日本やインドこそ、もしかしたら人類初の偉業をやってくれるのではないかと、ほのかに期待するわけです。(そういえばインドは独力の有人宇宙開発計画を進めています。)

 そしてはじめて地球の外で生まれた子の名は、ガガーリンやアームストロングと同じく、もしかしたら以上に、人類の歴史に永遠に刻まれることになるでしょう。

 JAXAは先月にフォボスからのサンプルリターン計画を発表するなど、「世界初」を狙っていく姿勢を明確化させており、これはとても好ましいことだと僕は思っています。だから、ニッチばかりではなく、そんな大胆で根源的な「人類初」も狙ってみてもいいんじゃないかと、半分冗談だけれども、半分真面目に思うわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙人生—NASAで働く日本人技術者の挑戦

小野雅裕 /小山宙哉

世界で唯一、太陽系の全ての惑星に探査機を送り込んだ機関があります。それは、NASAのJPL(ジェット推進研究所)という組織。そんな宇宙探査の歴史を切り拓いたともいえるJPLで働く技術者・小野雅裕さんが目指すものとはーー。『宇宙兄弟』ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawanoseseragi1 日本のゲームの、エロいものが許されてグロいものが許されないというのは、これが背景にあるように思う。 https://t.co/OMpQADG1MO 5年以上前 replyretweetfavorite

AkikoShiragami |宇宙人生――NASAで働く日本人技術者の挑戦|小野雅裕 @masahiro_ono |cakes(ケイクス) 》出身地は?と訊かれて、宇宙です、と答えるのって…カッコ良いかも。 https://t.co/2hKq3RelH6 5年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 宇宙でエッチ《後編》 宇宙人生―NASAで働く日本人技術者の挑戦|小野雅裕@masahiro_ono https://t.co/c8dECcwKZv 日本では、電車の中吊りにヌードの袋とじ広告、高速道路から見える所にラブホテルの看板。 アメリカでは社会的に決して許容されない光景。 5年以上前 replyretweetfavorite

potofu_XXX とても興味深く読ませて頂きました。日本にはそのポテンシャルがある!w 5年以上前 replyretweetfavorite