LGBTなんて関係ないと思っているあなたへ

渋谷区の同性パートナーシップ制度など、多様な性のあり方を実現することが徐々に意識されてきている日本。日本にいるころから、セクシュアル・マイノリティの存在を身近に感じていたという中村綾花さんですが、実際にフランスに住んでみると、「身近」どころか「当たり前」になっていることに驚いたそうで……。

今年のパリは40度を超える日もある猛暑をむかえています。なんと68年ぶりだそう。日本の夏とちがって湿度は低いものの、カラッとした空気の中を太陽の光が突き刺さすような暑さです。

パリの夏といえばイベントの季節。そして先日もっとも盛り上がりを見せたのは毎年恒例のゲイパレードです。パリの主要道路を大胆に通行止めにして、大勢の「LGBT」(同性愛、バイセクシャル、トランスジェンダーなど性的少数者の総称)の参加者たちがディスコ音楽を爆音で流しながら街を練り歩いていました。

異性愛者であろうと、観光客であろうと、誰でも参加OK。パレードが通りかかるのを見つけたら、スッとその行列に入り込んでしまうだけでいいのです。ある人はビールを片手に踊りながら、ある人はカップルで仮装したり、家族でプラカードを持って参加したりとさまざまです。お酒に酔った勢いでバス停の屋根によじ上って騒ぐ若者なんかも入り乱れて、パレードはものすごい熱気を帯びていました。私も一度参加したことがありますが、まるで地元のお祭りに飛び入り参加するような楽しさと気軽さです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

poppo9909 人それぞれ違って当たり前。多様性を否定・排除することは自分の生き方を制限することにもつながっている。 約2年前 replyretweetfavorite

e1___________k0 『私たち自身が「自分らしく生きていい」、ということを認めることにつながると思います。』 約2年前 replyretweetfavorite

0501Can #LGBTはごく普通にありふれている #LGBT #セクシャルマイノリティ #性的少数者 #アライ 約2年前 replyretweetfavorite

rhiroko ――パリでも1981年までは……というお話など 約2年前 replyretweetfavorite