日本の学校はいつまで「思春期になるとみんな異性に惹かれるようになりますよ」というウソを教え続けるのか

思春期を迎えるにあたって小学校や中学校で行われる性教育。なぜ保健体育の教科書には「異性愛」のことしか書いていないのでしょうか。「人間はみんな異性愛」という書き方の学習指導要領、進んでいるアメリカの性教育……。そこには同性愛がなかなか浸透しない日本の教育の現場がみえてきました。そこで牧村さんは学校の先生や教科書を鵜呑みにせず、本当に正しいことを探すために勉強し続けることが大切だと言います。

※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「みなさんは~、思春期を迎えて~、男子は男らしく、女子は女らしく、異性に惹かれるようになっていきます~。……まぁ、そうじゃない人もいますけどぉ(笑)?」

“オネエ”を示す仕草で口の横に手を当て、保健の先生は、そう言って鼻で笑いました。クラス中にどっと笑いが広まる中、私が感じていたのは、恐怖でした。

笑っているみんなに。

そして、なぜかうまく笑えなかった自分に。

これが、昭和62年生まれの私が受けた教育です。平成の今はたぶんきっと、もうちょっとよくなっているのでしょう。だけれども今回、こんな残念なお話をご投稿いただきました。今回はこちらのご投稿をもとに、「なぜ日本の学校教育では『みんな異性愛』みたいなウソを教えがちなのか」ということをひもといていきたいと思います。

牧村さんへ
学校の保健の授業で
「思春期は通常異性への関心が高まる」
「男は女と肉体的関係を望み、女は男性にロマンチックな憧れで接する」
と教わりました。
牧村さんに質問です、何で学校は異性愛が通常って言いたがるんですか?
これってずっと変わらないのかな。
(全文そのまま記載させていただきました)

ご投稿ありがとうございます。なんていうか、「男は女と肉体的関係を望み、女は男性にロマンチックな憧れで接する」とかいうやつ、すごいですね。飲み屋でのヨタ話をそのまま教室にもってきたみたい。

それよりなにより、「人間はみんな異性愛、それ以外は異常」みたいな物言い、単純にウソですからね。同性愛や両性愛や無性愛などについて子どもに教えるべきか否かみたいな議論の前に、子どもにウソを教えてんじゃないわよ、って話です。

なんでこういうことがまかり通るかというと、答えは簡単です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女と結婚した女だけど質問ある?

牧村朝子

フランス人女性と同性結婚をした牧村朝子さん。彼女が自らのレズビアンとしての経験を生かしてつづった新書『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の性についてのあり方に悩んでいる人にエールを送る内容で、好評を博しています。そんな牧村さんが『百...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

supesupekabotya https://t.co/eIp1hiC1mi 約2年前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu ▼【8/5朝まで無料】 https://t.co/xRj5AElouE 明日はcakesでの連載更新日です。この回、今のうちにぜひ~ http://t.co/jhmRqy1DjX 約2年前 replyretweetfavorite

restart20141201 聖書でも基本異性愛だと思いますが。 レズをウリにするの、変。 約2年前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 保健の授業で「男は女と肉体的関係を望み、女は男性にロマンチックな憧れで接する」って教わった、というご投稿を受けて書きました ▼ 約2年前 replyretweetfavorite