勤務時間も休暇も自由、自宅勤務も昼寝もOK。成長し続けるハブスポット社の秘密

アメリカの伝説的なロックバンド「グレイトフル・デッド」の影響をもとに起業し、国際的トップまで成長したハブスポット社。その成長の秘密は現代の若者にモチベーションを与え続ける企業カルチャーにあるようです。勤務時間、休暇の自由。そして、昼寝専用の部屋……? 従来のマネジメント方法にとらわれない、最前線の企業カルチャーを紹介します。

「ボストンでもっとも就職したい会社」成長の秘密とは?

前回、アメリカの伝説的なロックバンド「グレイトフル・デッド」と、グレイトフル・デッドから受けた影響をもとにハブスポット社を起業し、「ボストンで最も就職したい会社」にまで育て上げたCEOのブライアン・ハリガンをご紹介した。ブライアンは、ハブスポット社の成長の秘密は企業カルチャーだと信じている。

「企業カルチャー」とはどういうものなのだろう?

固く表現すると「社員が共有する信念、価値観、慣習」のことだが、ブライアンは「上司がいないときに、個々の社員がどう行動し、どう同僚を扱い、どう決断するべきなのかを示す不文律」と噛み砕いて説明する。

では、なぜ企業カルチャーがそんなに大事なのか?

企業を作るのは社員だ。

優秀でやる気がある社員1人のほうが、無能で無気力な社員10人より会社にとって良いのは当然のことなのに、社員を大切にしない企業は多い。せっかく優秀な人を雇っても、大切にしないと辞められてしまう。

会社にとって最も効率が良いのは、「優秀な人が就職を希望し、社員がやる気を出し、長くとどまりたくなるような環境を作る」ことだ。その環境が企業カルチャーなのだ。

良い企業カルチャーを作るのは会社の成功のために最も重要なことなのに、重視している企業はあまりない。

自分自身が長年社員として働き、ベンチャー投資会社勤務経験もあるブライアンは、多くの企業が時代遅れの企業カルチャーをいまだに引きずっていることに気づいていた。

2010年代の若者をやる気にさせる企業カルチャー

ブライアンの父親の時代には、社員をいかに管理するのかを語る「マネジメント」の方法が重視された。そして、ブライアンの時代には社員を率いる「リーダーシップ」がマントラになった。また、終身雇用制を信じていた70年代の社員にとっては「年金」が仕事を頑張る理由であり、90年代の社員にとっては「高給」が仕事のモチベーションになっていた。

でも、現代の若者たちはちがう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Aika_kumamoto 会社にとって最も効率が良いのは、「優秀な人が就職を希望し、社員がやる気を出し、長くとどまりたくなるような環境を作る」こと 2年弱前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe さっきまで話していた企業の話です。その②> 2年弱前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe ボストンのハブスポット社は、「仕事さえちゃんとやれば、好きなときに、好きなだけ休暇を取ってよし」という会社。休みを取る説明も不要。その理由はここに|cakes(ケイクス) https://t.co/E8Omcde831 約2年前 replyretweetfavorite

kshimoyama “現代の優秀な人材は、これまでネガティブなものとして語られてきた、ADHD(注意欠陥障害)の特徴とされる傾向を持っている場合が多いらしい。” 渡辺由佳里 https://t.co/xj3cGLMUMs 約2年前 replyretweetfavorite