ボストンで就職したい会社」ナンバー1。ハブスポット社の原点とは?

「グレイトフル・デッド」というロックバンドをご存知ですか? オバマ大統領や、今は亡きスティーブ・ジョブズもファンだったという伝説的なバンドです。このバンドをお手本にした会社が、国際的トップに成長し、その企業カルチャーが世界中から注目を集めています。グレイトフル・デッドはビジネス界にどのような風を吹き込んだのでしょうか? 「ほぼ日」でも特集された、ハブスポット社についてご紹介していきます。

伝説的なロックバンド『グレイトルフル・デッド』

『グレイトフル・デッド』をご存知だろうか? 1965年にサンフランシスコで結成された伝説的なロックバンドで、ヒットチャートとは無縁ながら、ライブでの即興演奏を売りにスタジアム・ツアーを行い、アメリカの国内のコンサート収益では毎年1、2位をとりつづけていた。1995年にリーダーのジェリー・ガルシアが亡くなった後はメンバーのソロ活動が中心になっているが、ファミリーとしてゆるく繋がりながらの音楽活動は続けていた。そして、バンド誕生から50周年の今年、中心メンバー全員が集まって『グレイトフル・デッド』として最後のコンサートツアーをすることになった。

シカゴのソルジャー・フィールドでの3日にわたるコンサートの2万枚のチケットは一瞬のうちに売り切れてしまい、チケットマスターの新記録を作った。コンピュータの前で待ち構えていたのにオーダーを入れることさえできなかったファンは多く、それ自体がメディアで話題になったほどだ。

コンサートの前には、なんとオバマ大統領からも特別メッセージが届き、「アメリカの音楽を素晴らしいものにしているのは、クリエイティビティと情熱、人々を集める力。それを具現化した象徴的なバンド」とグレイトフル・デッドを讃えた。

日本ではほとんど知られていないバンドだが、グレイトフル・デッドはアメリカを語る上ではそれほど重要な存在なのだ。「デッドヘッズ」と呼ばれる熱狂的なファンには、オバマ大統領だけではなく、ビル・クリントン、アル・ゴア、ラリー・ペイジ(Googleの共同創業者)、エドワード・ノートン(俳優、映画監督といった有名人も多く、いまは亡きスティーブ・ジョブズもその一人だった。

最後のコンサート会場にも、バンドのTシャツを着てシーンに溶け込んでいる政治家、俳優、作家、起業家、大企業の最高責任者の姿が見かけられた。

ファンを魅了するのは音楽だけでなく、グレイトフル・デッドの特殊なコミュニティだ。ヒッピーカルチャーの先導者だったグレイトフル・デッドは、自分たちがファンと作り上げたコミュニティをとても大切にしていた。デッドヘッズはコンサートが始まる何時間も前から会場に集まり、「シーン」という村祭りのようなパーティを繰り広げる。ここでは政治経済的にまったく異なる背景の人々が、ファン同士として同等に暖かく相手を受け入れ、自由に繋がり、助けあう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe さっきまで話していた企業の話です。その①> 2年弱前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe ということで、もう一度 約2年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe それを考えると、グレイトフル・デッドが結成50周年で最後のコンサートをしたのってすごいことだよね。ということで、ちょっとそれに絡んだ「人と企業の関係」を語るケイクスの記事です。見逃した方はぜひ>https://t.co/BZcSIzikht 2年以上前 replyretweetfavorite

akeico51 帰り道に読もう。>>> 2年以上前 replyretweetfavorite