心のベストテン

テイラーの華麗なる悪意、後輩キュウソへのロックな嫉妬、長渕剛の殺気

全米1位を席巻したアラバマ・シェイクスをご存知ですか? 大ヒットの理由には、アメリカ人の価値観の変化と深い結びつきがあるようです。そして、テイラー・スウィフトや忘れらんねぇよの楽曲のなかには物議をかもすような「怒り」や「嫉妬」の実話エピソードが! 悪意をゴージャスに昇華するポップのちからについて熱く語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。


イラスト:長尾謙一郎

アメリカの価値観が今、変わりつつある

柴那典(以下、柴) GLAY、ジャニーズの話と続いたので、今回は洋楽の話に行きましょう。アメリカが今、変わりつつあるという話題。


アラバマのド田舎から変わりゆくアメリカ

大谷ノブ彦(以下、大谷) これはアラバマ・シェイクスのことですよね。

 そうです。アメリカの南部のアラバマを拠点にするロックバンドで、2ndアルバム『サウンド・アンド・カラー』が全米1位になった。


Alamaba Shakes「Sound & Color」

大谷 いやあ、ここまで売れるとは思わなかったですよ。

 土臭いブルースやソウルですからね。デビューの時から評価は高かったですけれど、通好みというか、ここまでブレイクするとは思っていなかった。

大谷 ルックスだって可愛いタイプじゃないですし。


アラバマ・シェイクス

 歌っているのは肝っ玉母ちゃん的な黒人女性ですしね。大谷さんは、なんでアラバマ・シェイクスがここまで人気になったんだと思います?

大谷 これはもう、ここ数年の流れの必然だと思いますね。ソウルやブルースなどアメリカのルーツ・ミュージックを甦らせて巨大なセールスをあげるアーティストが次々と登場した。

 アデルは、まさにその代表ですよね。『21』(2011)が世界中で売れまくった。


Adele「Rolling in the Deep」

大谷 アルバム『AM』(2013)で化けたアークティック・モンキーズもそう。


Arctic Monkeys「Why'd You Only Call Me When You're High?」

 確かにアデルもアークティック・モンキーズのアレックス・ターナーも、アラバマ・シェイクスを絶賛していますね。

大谷 でも、アデルもアークティックも、みんなイギリス出身のアーティストなんですよ。

 なるほど。だからこそ、その反動でアメリカ出身のルーツ的なバンドが求められていた。

大谷 そうなんです。一方で、「大御所たちが思いを馳せる初期衝動と歴史の物語」で前にも語ったように、フー・ファイターズがアメリカ各地の音楽文化を掘り下げるということをした。アメリカの国民的なバンドがそういうことをやったというのも大きかったと思いますね。

 アラバマ・シェイクスの地元のアセンズというのは南部のド田舎ですからね。そこから出てきたバンドが「こんな田舎はうんざりだ、ニューヨークに行きたい」みたいな歌じゃなくて、故郷に誇りを持って音楽を作っている。そういう人たちが受け入れられるようになったわけですね。

大谷 それだけじゃないんです。今、アメリカの社会のあり方とか、人々の価値観がどんどん変わっているんですよ。だからこそ彼らが新たなスターになった。

 どういうことですか?

大谷 こないだ、アメリカでは同性婚も合法化されましたよね。どんどん多様性を認める時代になってきている。でも、そこに最後まで抵抗しているのが南部の保守派だった。

 そうですよね。それこそアラバマ州の最高裁知事が同性婚の合法化に「国の基盤が破壊される」と反発していたりしました。
同性婚めぐる対立勃発?! 米連邦地裁に南部州最高裁反旗 - 産経ニュース

大谷 正直、エンターテイメント界でもそういう頭の硬い人たちに対して風当たりが強くなっていると思うんです。で、いまやアメリカのカントリーやルーツ・ミュージックはそういう保守派の象徴になりつつある。だからテイラー・スウィフトはその世界から抜け出したんじゃないかと思うし。

柴 テイラー・スウィフトが去年に出した『1989』が、まさにそういうアルバムでしたね。「ウェルカム・トゥ・ニューヨーク」という歌もあった。「ニューヨーク最高! みんなここに来なよ」という。

大谷 その一方で、アラバマ・シェイクスは、南部出身でルーツ的な音楽をやりながらも、黒人女性と白人男性が一緒にグループをやっている。

柴 人種や性別の差別を乗り越える象徴になっているわけですね。

大谷 そうそう。そういう時代の中で求められた新しい「南部のスター」なんだと思います。

怒りと嫉妬からポップが生まれる

 じゃあ、そこから次の話題に行こうと思うんですけれども。「悪意をゴージャスに昇華するポップの力」。これがまさに、テイラー・スウィフトの話なんです。


悪意をゴージャスに昇華するポップの力

大谷 というと?

 テイラー・スウィフトについては「年間ベスト2014」でも話したんですけど、彼女の「Bad Blood」という曲が、まさに悪意をテーマにした曲なんです。「バッド・ブラッド」っていうのは、血が沸騰するような怒りっていう意味。ケンドリック・ラマーという今一番注目を集めているラッパーとコラボしたこの曲の新しいバージョンがこないだ公開されて。


Taylor Swift「Bad Blood ft. Kendrick Lamar」

大谷 さすがですよねえ。

 で、この曲、一説にはケイティ・ペリーのことを歌った曲だと言われているんですよ。

大谷 ケイティと何か因縁があったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rsr_tetsu 大好きな忘れらんねえよと長渕が並列に語られてる(*‘ω‘ *)確かに、振り切れてる人が好きかも( *´艸`)  約5年前 replyretweetfavorite

id_hoven #netsu ボスが予言したとおりにTwitterでやりあってる2人。http://t.co/Ag9YswGSyO 約5年前 replyretweetfavorite

hiramee 「“歌い切る”なんてまだまだ甘っちょろい、“歌い殺す”だ」 さすがやなあ。 https://t.co/mIIlNvceiF 5年以上前 replyretweetfavorite

konno108 なるほど〜...俯瞰するとこういう動きがあったのか。 5年以上前 replyretweetfavorite