新訳 世界恋愛詩集

そうね、私は年をとった」小野小町

花の色も、交わした約束の言葉も、歳月と共に色褪せてしまうものなのでしょうか。
絶世の美女と謳われ、いまなお多くの謎に包まれた平安時代の歌人・小野小町。古今和歌集や百人一首にもおさめられた彼女の三首が1000年の時を経て、菅原さんの超訳により現代に甦ります。
メディアプロジェクト「詩人天気予報」などでも話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


もうおしまいだ

とあなたがいった

そうね

わたしは年をとった

時雨にぬれる木の葉も

かつての約束の言葉も

色あせてしまったから




あのころ わたしは

夜の衣を裏返して着た

あなたが触れた表地に

いだかれ 素肌で感じていたい

どうか夢で会えますようにと

あなたを想い 袖を通した




いまでは

花の色も あせてしまった

桜に降る 春の長雨

ほんのひととき

移ろう恋に身を寄せた

かつての私は 綺麗だった



『そうね、私は年をとった』

今はとて 我が身時雨に ふりぬれば 言の葉さへに うつろひにけり


いとせめて 恋しき時は むばたまの 夜の衣を 返してぞきる


花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

小野小町

小野小町(生没年不詳)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayakubota 『そうね、私は年をとった』 小野小町 https://t.co/fXU3dx6DSm 4年弱前 replyretweetfavorite

scudelia_ はうっ。「そうね」って言葉がでてくるところがすごいなぁ。 4年弱前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 『そうね、私は年をとった』 小野小町 https://t.co/zQCteGZq8g 新訳 世界恋愛詩集|cakes(ケイクス) 本日更新。平安の女流歌人・小野小町の3首を自分なりに超訳しています。 http://t.co/Lv9m3UIGXv 4年弱前 replyretweetfavorite