モノを作る世界から、作らない世界へ

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている僕が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「日本を解散せよ」……、数々の起業を経験した事業家・思想家の山口揚平さんが、新しい時代の新しい成功ルールを紹介します。

モノを作る世界から、作らない世界へ

「ところで、君の周りに、45歳以上の人間がいるかね?」

「はい。たくさん」

「その45歳以上と話していて、どんなところに価値観の違いを感じることがあるかね?」

「そうですね……」

「今ぱっと浮かんだ人間がいるね」

「会社の先輩です。ちょっと見栄っ張りの……」

「その人は独身だね」

「よくわかりましたね!」

「そうだなぁ。都内、通勤時間30分圏内のマンションに1人暮らし。ローンは完遂してる。車は旧型のBMWといったところかな」

「そうです」

「では、君が見たところの、その先輩の価値観を教えてくれないかね?」

「先輩は、若い頃にバブルを経験している……。モノを欲しがる……」

「というと?」

「飲みに行って、メニューを選ぶじゃないですか」

「うむ」

「その時、必ず『じゃんじゃん持って来ちゃって』って言うんです。で、いつも食べきれず残すんですよね。僕は“もったいないな〜”って思って店を出るんです」

「なるほど、目に浮かぶね」

「そんなところでしょうか……」

「君達の世代と、上の世代の違いの1つは、彼らが、more and more(多ければ多いほどいい)、と考えていることだ」

「つまり、『じゃんじゃん持って来ちゃって』ってことですね。じゃあ、僕達は……?」

less is more(物事はシンプルなほうがいい)なのではないかと、私は考えている」

「“もったいない”ですか」

「私はスウェーデンで行なわれた『2040年のユートピアを考える』という会議に出席したことがある。そこで印象に残ったのは、すでにヨーロッパでは『モノを作る』ことは悪だと考えていることだ」

「悪……」

「モノはいずれゴミになる。それは廃棄コストにつながり、最終的には、社会的損失となる。家具や家電をアジアや東欧で大量生産してタンカーで運んで売りさばくなんてことはとんでもない時代錯誤だと思っている」

「でも今現在それを行なっている国がありますよね」

「アジアなどはね」

「でも、作らなければ、いずれモノはなくなってしまいますよね」

「作らなくても、モノを調達することは可能だ。たとえば、コミュニティを利用して、必要なものをお互いに譲り合う方法」

「物々交換的な?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと

山口揚平

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている自分が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

souhaku4 https://t.co/V8yD4IuyJV  無料部分で満足できたからいいや… 1年以上前 replyretweetfavorite

Atack20 確かにこの記事のように物への執着はあまりないな。 2年以上前 replyretweetfavorite

wwwatch やっぱし時代はトランジションタウンかな♪〉〉 2年以上前 replyretweetfavorite

yamaguchiyohei ⚫︎ものを作る世界と、ものを作らない世界 「君達の世代と、上の世代の違いの1つは、彼らが、more and more(多ければ多いほどいい)、と考えていることだ」... http://t.co/QcWJdf0z5W 2年以上前 replyretweetfavorite