年収700万円が幸福のピーク

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている僕が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「日本を解散せよ」……、数々の起業を経験した事業家・思想家の山口揚平さんが、新しい時代の新しい成功ルールを紹介します。

幸福のピークは年収700万円

「確かに、機械にはそれができませんよね」

「もし21世紀の人権が単なる肉体的生存を保障するものではなく、個々人の社会的存在を保障するものまで拡大するならば、コモディティの流通に適したタテ社会よりも、お互いの思いと個人の信頼関係をベースにしたヨコ社会のほうが適しているということさ。これが変化の本質さ」

「ちょっと難しくなってきましたけど、食べ物に困らない社会になったのなら、今後はヨコ社会で承認を得て、つながりながら生きるほうがいいってことですかね」

 紳士は間をおいて言った。

「豊かさとは何かな?」

「余裕……とかですか?」

「そうだね。では、幸福とは何か?」

「何だろう……」

「幸福とは一体性だ。お金の量じゃない。お金で地位は買えるが尊敬は買えない。お金の時代じゃないんだ

「お金の時代じゃない……」

「経済学者がすでに実証しているように、幸福のピークは年収700万円で、それはどこの国でも共通さ。それ以上は稼ぎよりもストレスのほうが大きくなる」

「結婚式で会った同級生に、小さな会社の社長がいたんですけど、同じようなことを言ってました。まぁ、そいつは明らかにお金を持ってることをひけらかしていた。あまり気分のいい人間ではありませんでしたが……」

「お金は便利な言葉だけど、あくまでも匿名の数字にすぎない。お金は、言葉にできない価値を数字に換えてしまうものだからね。数字は思いを載せられない。確かにお金があれば、様々なものを手に入れたり、海外にも行ける。こんなふうに、数字は3次元(時空間)を自由に動き回る力を持っているけれど、その次元を超えることはできないんだ」

「あなたは、僕が見る限り、お金持ちのように思います」

「否定はしない」

「でも、あなたは嫌な気がしない」

「お金ができることに、たいして期待していないからだろうね」

「お金にできること?」

「せいぜい移動にタクシーを使うか、飛行機のビジネスクラスに乗るくらいだよ、あとは少し大きな家に住んで、心地よい家具に囲まれているか……。でもたくさんはない。本当に素敵なものだけだ。家も大きすぎない。それは下品なことだしね。お金ができることはそれぐらいだよ。お金は時間と空間を買うための道具としてのみ使っているよ。あとは、社会的価値のある事業への投資に使う」

「その思想が、きっとあなたの雰囲気を作り出しているんですね」

「大事なのは心、特に意識の焦点の問題のほうが大きい。焦点を変えなければ、そもそも問題を解決することはできないからね。そして矛盾に聞こえるかもしれないが、もしお金が欲しいなら、お金を配らないとね」

「お金を配る!?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと

山口揚平

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている自分が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taryutkin3 なにこの記事wwwwwwwww  5年弱前 replyretweetfavorite

tabbata 正比例で増えるわけではないが、そんなわきゃーないw > 5年弱前 replyretweetfavorite

abgk これいい分析だなあ 5年弱前 replyretweetfavorite

ringomountain 「経済学者がすでに実証しているように、幸福のピークは年収700万円で、それはどこの国でも共通さ。それ以上は稼ぎよりもストレスのほうが大きくなる」 https://t.co/WcUbgSiiPO 5年弱前 replyretweetfavorite