それでも僕は、外科医をやめない

永遠を誓って結婚する女性は2割

先日、知人の女性の結婚式に参加した雨月氏。そこで、結婚にまつわる女性の認識について驚くべき発見があったそうです。最近、結婚に関する記事ばかりが続いているのは、雨月氏もそれを考えることが多いためでしょうか?


こんにちは。

外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。


先日知人の女医さんの結婚式に参加したときのこと。

女医さんは私と同年代のアラサーで、お相手がなんと20代前半男子。

ほぼ一回り違う結婚式でしたが、そこで色々なことを感じました。


まず席次表からすごい。

だいたい新郎側と新婦側って同じ人数くらいじゃないですか。でもこの時は新婦側が8割でした。しかも肩書きがまたすごい。色々やっている女医さんだからか、代表取締役、所長、教授、医師のオンパレード。おまけにアーティストやアスリートまで複数人いる始末。一方新郎側といえば、切ないほど「新郎友人」「先輩」「同僚」のみ。このあまりのギャップ。

ああ、日本もようやく男女同等の時代が訪れたんだなあ、とは全く思えません。席次表一つみても、同等どころか新婦が完全にマウントポジションを取っている。私は披露宴の間じゅう、「交尾後(あるいはそのさ中)にメスがオスを捕食してしまう」ことで有名なあの昆虫を思い浮かべていました。そう、これはカマキリ婚だ。

結婚のきっかけは授かり婚でした。出会って一年もたたないうちに授かった。私なんかは「いいなあ」と思うわけですけれど。で、どうやらあっという間だったので二人の思い出なんかは全然ないようで、披露宴でルーティーンに上映される「二人の思い出ムービー」の類は全くありませんでした。あれ、いつも押し付けがましいなあと思っていましたけど、無いと無いでさみしいんですね。

ま、ともかく二人は結婚をした。結婚前には一度キャンセルするとかしないというお話が出てばたばたしたようですが……。ともかく、披露宴でウェディングドレスに包まれて本当に嬉しそうな顔をした新婦と、どこからどう見たって納得が行っていない「なんで俺が」顔の若すぎる新郎をみて私は胸を痛めたわけです。心から幸せをお祈りしたい。

女性がどんどん強くなるこの時代。こういう結婚、今後増えていくような気がします。

こんな話を女友達に話していました。アラサーハイスペック女子、恋愛はややこじらせ気味の友人です。

こんな結婚式に出てね、なんだか先が見えなくて切なかったよ、と。そしたらね、「私、結婚式に出ればその二人が離婚するかどうかだいたいわかる」と言うんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

REVI 呼ぶ同僚と友人がいない / #idが無いので読めない 2年以上前 replyretweetfavorite

migimagari 自分はコレに出てくる「一生添い遂げたい」独身こじらせタイプだが、運よく結婚できたので文中の彼女には諦めないでほしい→ 2年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/fxrhFleAy8 ①とりあえず一回さっさと結婚してみる、失敗したっていいじゃん ②「この人」と決めて一生添い遂げたい 残念だけど、①が8割の女性。②は2割しかいない… 2年以上前 replyretweetfavorite

kazu_surf_long そーそー、失敗したっていいじゃん。 2年以上前 replyretweetfavorite