マナーを守らないのは「最近の若者」か?

どこの国にも目には見えないルールやマナーがたくさんあり、「最近の若い者は礼儀をわかっていない」という言葉が、アメリカでも聞かれるそうです。しかし、アメリカ内のマナーが受け継がれなくなったのは単なる核家族化よりも複雑な問題に起因しているそうで……。

マナーを教えてくれる人がいない

自宅の増改築のために雇った建築家のジョーさんは私たちと同年代で、つねに背筋が伸びている礼儀正しい男性だ。
一緒にランチに行ったとき、ジョーさんが「最近の若者は……」と溜息をついた。
何かとおもったら、「テーブルマナーがなっていない」と言うのだ。
席についたらすぐにナプキンを膝に置く、食事が終わったことを示すのにはナイフとフォークを右肩斜めに並べて置く。それがアメリカのテーブルマナーだ。イタリア系移民のジョーさんは同居のおばあちゃんから厳しく躾けられて身につけたのだが、最近はこのマナーを守らない若者だらけになっている。
「誰も教えないのだろうか?」ジョーさんは首を傾げた。

ジョーさんが「消えている」と嘆くアメリカのマナーは、むかしヨーロッパから移民が持ち込んで独自に発達したものだ。ヨーロッパといっても国によってマナーに違いはあるのだが、共通点は多かった。
建物から出るとき、入ってくる人のためにドアを開けて待っていてあげるとか、妊婦やお年寄りに席を譲ってあげるとか、重い荷物やベビーカーを押している人が階段を上がるのを手伝うのもヨーロッパから来たマナーだ。

マナーが消えてきたのは、核家族化で家庭からおばあちゃんがいなくなったからだけではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bodyhacker なんとなく同意 4年弱前 replyretweetfavorite

e1g1 「どこの国にも目には見えないルールやマナーがたくさんあり、」 https://t.co/pXSn3Ocjlb 4年弱前 replyretweetfavorite

DrqYuto 切り替えが大事 4年弱前 replyretweetfavorite