ピース・綾部祐二の文学性

今回のテーマは、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二さん。熟女ブームの火付け役として注目されていた綾部さんですが、相方の又吉さんが小説『火花』で芥川賞を受賞し「コンビ格差」が叫ばれています。しかし、その「熟女」に対するスタンスは、又吉さんの文学に対するスタンスに近似していると武田砂鉄さんは分析します。

「『人間失格』が好きな又吉さんだが、芥川賞には合格した」

ピース・又吉直樹の小説『火花』が芥川賞を受賞、古館伊知郎が『報道ステーション』で「芥川賞と本屋大賞の区分けが段々なくなってきた感じがする」と発言したことに非難が集中したようだが、どうして皆、『NEWS ZERO』の村尾信尚を放牧するのだろう。彼は、受賞の報を受けて「(太宰治の)『人間失格』が好きな又吉さんだが、芥川賞には合格した」と語り、隣り合うキャスター陣を見事に硬直させた。

文学が何のために存在するのか、という問いに一言で答えることは難儀だが、「こういうことを言う人にならないため」は、かなり正答に近いのではないか。どの場面でも「オレなりの分析」を提示する、いかにも古館らしい意見に賛同はしないが、賛否すら出ない沈黙を作り上げる村尾に、「今回の受賞で文学の魅力が広まってくれれば」と、その意義を教えられた気がする。

純文学は難しいのか

『火花』を読んだ和田アキ子が「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」という感想を吐露したことでむしろ『火花』の純文学性が確約されたが、「このジュース、果肉がめっちゃ入ってる!」と同様のアプローチで、小説の中から「純文学」を探し出そうとする姿勢は滑稽である。

純文学が、読み手の読解力を鼻で笑うかのように「分からないなら、もう読んでくれなくて結構」と突き放す態度を持ちやすいのは事実。又吉は芥川賞の会見で「僕の小説を1冊目として読んでもらえるのは嬉しい。最初の2、3冊は難しくて分からないこともあるかもしれないが、100冊読んだら、絶対、本好きになると思う」という旨を述べた。この会見だけではなく、あくまでも自分の小説をきっかけにして読むジャンルを広げてくれればいい、とあちこちで繰り返してきた。つまり、ストライクゾーンを広げて欲しい、と。

又吉の純文学好きと綾部の熟女好き
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0501Can #ピース #綾部祐二 #又吉直樹 #火花 #芥川賞 #コンビ格差 4年弱前 replyretweetfavorite

chinoboshka 〈『火花』を読んだ和田アキ子が「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」という感想を吐露したことでむしろ『火花』の純文学性が確約された〉(武田砂鉄)。 確かにこの和田アキ子発言自体『火花』の帯文にしていい水準ですね。 https://t.co/4nJNdp0DYr 4年弱前 replyretweetfavorite

hharunaga 「又吉はいつも、どんな本でも面白いと前置きしてから、自分のおすすめの本を紹介する。純文学、エンタメ小説…、ノンフィクション、とにかくストライクゾーンが広い。綾部(の熟女好き)も一緒だ」 4年弱前 replyretweetfavorite

ngataku13 確かに、綾部もおいしいし、高めあってる 4年弱前 replyretweetfavorite