夫婦で年収5000万円になる方法

ビジネスアイデアは斬新でなくていい、とにかくやったもん勝ちだ

「夫婦で年収5000万円になる方法」第4回は、ビジネスの心構えと具体的な方法について。自分がやろうとしているビジネスは、きっとすでに先駆者がいると思います。でもビビる必要はありません。 ビジネスのルールは、言った者勝ち、やった者勝ちだからです。

この世は「最初に言った者勝ち」、何でもできる


(c)soygcm

自分がやろうと思ったことはことは、だいたいすでに先駆者がいるものです。でもビビる必要はありません。 この世は言った者勝ち、やった者勝ちだからです。

たとえば僕たちが勝手に「日本ビジネスボイストレーニング協会」を作ったって、 何の問題もありません。「全国離婚問題協議会」を作るのも、「自然エネルギー発電助成金相談センター」も誰でも作れます。(もちろんすでに使用されている社名かどうかの確認は必要ですが)

だから僕も、友人と共同でやっている賃料減額ビジネスは、「賃料減額相談センタ ー」なる団体を名乗り、それを屋号として使っています。理由はなんとなく公的機関 っぽい響きがあり、信用力が増すだろうと思うからです。 お金に余裕があれば一般社団法人などを作っても良いですが、ファミリービジネス は「器」なんてどうでもいいですからね。

モノを売るならマーケットプレイスを活用する

もしアクセサリーや編み物、ステンドグラスといったグッズを自分で作れるという人は、ズバリそれを商品として売ることができます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夫婦で年収5000万円になる方法

秋竹朋子 /午堂登紀雄

今の時代、先行き不透明な会社に勤めて、定年まで勤めても生涯年収はたがか知れています。また企業での女性の働き方にもまだ課題は多くあります。本書では、実際に世帯年収5000万円を実現した午堂登紀雄氏、秋竹朋子氏の夫妻による「夫婦」という家...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません