宇宙掃除

第4回】論文300本ノック

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信さん。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

ゴミを人工衛星で捕まえることにした。
自分たちの技術で、自分たちの工場で。

でも一体、人工衛星ってどうやって作ればいいのだろう??
どうやって宇宙ゴミを除去すればいいのだろう??

一人でできるのか、100人必要なのか。
どのくらいの時間がかかるのか。

部品はどこにあるのか。それは買えるのか。
そして、宇宙環境ってどんなのだろう。

全然見当がつかなかった。
頭の中がはてなマークばかりだった。

でも、僕はワクワクしていた!

Googleで「衛星 開発」とか「人工衛星 手順」とか「satellite development」とか何回も何回も検索した。不思議なくらい、情報量がない!だから逆に、僕は勝てるかもしれないって思った。

Amazonで「人工衛星の作り方」の本を探した。1冊あった。どうやら学生向けの、本当に小さい衛星開発の本らしい。

何も知らない僕には、十分新鮮だった。
とにかくそこからスタートした。

じきに、人工衛星開発はオーケストラと同じだと気づいた。

音色は色んな楽器の組み合わせ。木管楽器、金管楽器、打楽器、弦楽器、ピアノなどの音をバランスよくまとめる。

100人以上の編成になることもあれば、10名程度の場合もある。2〜3名でもバンドのように活動することもできる。

指揮者はプロジェクト・マネージャー。 楽器の音の出し方は知らなきゃいけないけど、楽器は弾けなくてもいい。

宇宙ゴミ除去プロジェクトの表現は、僕のタクトさばきにかかってる!

僕は、まず、それぞれの技術の勉強を始めることにした。目をつけたのは論文。宇宙の学会の論文を世界中からダウンロードして、プリントアウトした。その数300本。すべて英語。

項目ごとにまとめてみた。

•構造系 
•熱制御系 
•姿勢制御系 
•推進系 
•電源系
•通信系
•地上管制系
•軌道設計・軌道制御
•宇宙政策
•開発手順
•その他

僕には、自信があった。全く知らないことを短時間で体系的に理解することに。

昔、国家公務員試験の法律職を受験したとき、2週間で、民法1000条の条文、判例を200くらい全部覚えたことがある。覚えることは理解していないとできない。

300本の論文を読み始める—。でも、みごとに自信は打ち砕かれた。

単語が全くわからない。

TLE、デルタV、ホーマン軌道、X-band、リアクション・ホイール、◯△※☓・・・

知らない単語のオンパレードだ。

物理学と工学と数学と化学と想像力の、複雑な総合格闘技だと気づいた。

仕方ないので、まず意味を理解しないままに、単語同士のつながりを把握する。次に、1つずつ根気よく意味を理解する。一つ調べると、さらに別のことを調べざるを得ず、どんどん遠ざかる。

とても時間がかかる。より効率を上げようと、直接論文の著者に聞くために飛んで会いに行った。本当に数多くの教授、宇宙機関、学生、各種専門家にお会いして、聞いて聞いて 聞きまくった。

今思うと恥ずかしい質問ばかりしている。でも、この時にお会いした方々は今もなお、協力してくださっている。本当に頭がさがる。

だんだんと周辺知識がついてきた。正直、ちょっと嬉しかった。
宇宙業界の中でちゃんと会話ができている自分。

一つの一つの謎が一遍に解けるときの感覚。うまくいえないけど、宝の地図が突然読めるような感じ。江戸城のふすまが、パーン、パーン、って開いて、奥の間に通じていくような感じ!

会社設立から半年ほどかけて、初めて、宇宙ゴミを除去できる方法の「仮説」を作った。

僕は敢えて、それを世界の専門家に沢山話した。「いいねぇー、頑張ってよ」という無関心が大半だったけど、時折痛烈な批判やツッコミをしてくれる人々がいた。

「仮説」はただの初期仮説となり、見直すことになる。
見直して、また仮説を作って、専門家に話す、学会で話す。
そんなことが続くようになった。

何度も、繰り返して恥ずかしい思いをした。でも、それしかなかったし、ゼロから始めている清々しさが僕を突き動かしていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙掃除

岡田光信

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信氏。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konpyu 【第3回】論文300本ノック| 約5年前 replyretweetfavorite