中国人と純金の関係

中国経済がピンチを迎えるなか、純金価格も現在ダダ下がり中。一昔前の金神話はどこへ行ったのか。しかし、中国人の純金好きは筋金入りです。ここ数年の下降相場がどこに向かうのか。もちろん、その鍵は、中国人が握っています。

今回の漫画は今から3年程前の話です。ご了承ください。

でも、これが2013年の5月の話です。この時から純金価格は下降曲線を辿りました……。みんなの予想とは違う方向に相場は動きました。(この連載原稿は中国経済新聞で以前に発表したものです)

さて、続いては同じ頃に出会った老夫婦のお話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
4コマで見る中国人の経済事情

蒋海倫

21世紀、世界一の金持ち国家といえば、それは中国。最先端都市上海で暮らす人々を4コマで描き、現代の中国経済事情をお伝えします。 日本人とは違って、中国人はあけすけにお金について話します。それは、なぜかというとお金に対する考え方にその人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません