メディアに消費されない宮間あや選手

先日の女子W杯で準優勝を果たし、日本中を湧かせた「なでしこジャパン」。なでしこブームに湧いた日本ですが、キャプテンの宮間あや選手は、女子サッカーを「ブームではなく文化にしたい」と言います。女子サッカーの現状、世間やメディアによる消費のされ方について、武田砂鉄さんが切り込みます!

「胸を張って帰ってきていい」とか言うな

W杯の決勝で敗れてしまった「なでしこJAPAN」に向かって送られた、「なでしこは胸を張って帰ってきていい」というエールの心地悪さは何だろうかと数秒考えた。答えはすぐに出る。当人の態度を外から提案する謎めいた働きかけ「胸を張っていい」は、高校野球部のOBが、甲子園の初戦で敗北してしまった母校の選手に対してかける言葉だ。高校の視聴覚室で観戦している年配のOBが、「県大会を勝ち抜いたんだし、おまえたち、よく頑張ったよ」と声をかける先輩風の典型である。つまり、2大会連続でW杯決勝の舞台に立ったアスリートに向かって先輩風を吹かせていたのだ。赤面すべき事態である。

キャプテンの宮間あや選手が、準決勝のイングランド戦でPKを決めた後、ベンチにいる控えメンバーの元へ一目散にダッシュ、はにかみながら一瞬で皆と抱き合い、一瞬で表情を元に戻してピッチに戻っていった。「喜びを分かち合うこと」と「まだまだ喜びを分かち合っていてはいけない」を同時に見せるキャプテン心、カッコいい瞬間だった。その様子を伝える側は「控え選手とも一致団結しているなでしこ」とまとめていたが、すぐに折り返してピッチに戻った姿にこそしびれた。

「日本の女性には古来、集団の力や和を重んじる文化が……」

宮間が、帰国後の会見で女子サッカーを「ブームではなく文化にしたい」とし、「私たちは結果を出し続けない限り、人気が離れてしまう不安を抱えている」と引き締まった表情を見せたのは、「胸を張って帰ってきていい」という謎の餌付けからニョキニョキ生える突発的なブームを早速牽制するかのようでもあった。

「胸を張って帰ってこい」系メディア=「先輩風」メディアは、やっぱり女子である特性を繰り返し使う。例えば、『サンデー毎日』(7月19日号)の表紙コピーには「なぜ世界の舞台では女子のほうが強いのか」とあり、記事の見出しに目を向ければ「『女子力』を引き出した監督手腕」とあり、記事の内容を追えば「日本の女性には古来、集団の力や和を重んじる文化があります」とある。宮間が言う「文化」は絶対に、この手の「女子文化」ではないだろう。個人の鍛錬の集積を、チームワークではなく「女子力」として伝えてしまう。そんな「男子力」報道は、なでしこをまたしても文化から遠ざける。

週刊誌的な「女子力」を語る佐々木監督
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gosan5553 ぼくが宮間あや選手の姿にときおり心を打たれるのは、「消費されてたまるか」という闘志がヒシヒシと伝わってくるところにあるのかもしれない。 https://t.co/vV8OnIVaHC|武田砂鉄 @takedasatetsu 3年以上前 replyretweetfavorite

anzu_soda 世界一になって更に世界二位になってもまだ「でも容姿が」とか言われちゃうの、何だろうなほんと。この記事読んで「こういうこと書いてくれる人もいるんだなー」て驚いちゃうくらい: 4年弱前 replyretweetfavorite

Josephine_smk いつもながらどこからどう読んでも面白い。毎回「そう、それ!」と膝を打ちながら読んでしまう【 4年弱前 replyretweetfavorite

news_gebo |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) https://t.co/dqZQIRystE 約4年前 replyretweetfavorite