キレた」がためにあなたの評価が落ち、あとあと恥ずかしくならないために…

あなたが「キレて」いるにもかかわらず、相手が「キレず」に落ち着いて対応する場合も厄介です。冷静な相手の評価が、相対的に上がることになるからです。「キレた」 あなたの評価が落ちてしまい、みじめな気持ちと後悔を残すことになります。「キレて」しまったら、すかさず「怒ってしまってゴメンなさい」と、ペコリと頭を下げて素直に謝りましょう。一一一好評発売中の『〔図解〕「テンパらない」技術』から一部を公開します。

万が一キレてしまったときは、なにはともあれ即謝罪!

・ヤバい! キレてしまった……

 「なんだその口のきき方は。もういっぺん言ってみろ!」
 「いつもと言ってることが違うじゃないか、このバカ上司!」
 「そんなに不満なら、ほかのお店にいけばいいじゃないか、このクレーマー」
 などとこころの中で思っていても、じっと抑えて我慢しなければならないのが、一般社会のルールです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
テンパらない」技術

西多昌規

「あれもやっておかないと……、そういえばこれが先だった(バタバタ)」 「なんでこんなときに人身事故なんだよ!会議に間に合わない!」 このように余裕を失っている人、最近多くないでしょうか。「テンパらない技術」を知っておけば、まったく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません