心のベストテン

GLAYに学ぶブランド論

今年20周年を迎えて、10年ぶりに東京ドーム公演ツアーを成功させたGLAY。人気が途絶えない理由の一つに、「表現者」としてだけではなく、プロデュ―サー的な発想を持った「経営者」の面もあるからだと言います。GLAY、ゆずや矢沢永吉など大御所が培ってきたファンとの信頼関係に学ぶ、ブランド戦略とはどのようなものなのでしょうか。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。


イラスト:長尾謙一郎

バンドとは、長い旅路のようなものである

大谷ノブ彦(以下、大谷) 今回はGLAYの話でいきましょう。このバンドについてはね、僕は語りたいことがたくさんあるんです。

 テーマは「GLAYに学ぶブランド論」。僕も最近になって気づいたんですが、実はGLAYというバンドから、最強の「ブランド戦略」を学べるんじゃないか?と思うんですよね。
 まず、彼らは今年20周年を迎えて、10年ぶりの東京ドーム公演を成功させたわけですが—。
※「最高の夢をありがとう」GLAY、10年越しの東京ドームライブ開幕 - 音楽ナタリー

大谷 行ってきましたよ! ほんとに最高だった。号泣しました。

— 号泣ですか?

大谷 アンコールの最後、みんな泣いてたんですから。今の彼らのライブは、ただのヒットソングのメドレーじゃないんです。あくまで『MUSIC LIFE』というニューアルバムが中心になっている。最後にやったのがその表題曲なんですが、これ、函館でバンドを始めた少年たちの歌なんです。

 前にもこの連載「FooFighters、U2、GLAY……大御所たちが思いを馳せる初期衝動と歴史の物語」で語った、GLAY自身のアマチュア時代と今を歌った曲ですね。いろんなヤツがいなくなったけど、俺達は続けてるって。

大谷 あの曲を聴いて「ああ、俺のことだ」と思ったんです。自分と同じだ、って。きっと、みんなそうだったと思います。GLAYと出会って、あれから20年経った。「あんなこともあったな、こんなこともあったな」って思い出していたんじゃないか、と。

 そんな彼らのアクションを踏まえて、デービッド・アーカーというブランド・マーケティングの大家の人が書いた『ブランド論』という本の冒頭を読むと、すごく腑に落ちると思います。こう書いてある。

ブランドとは、長い旅路のようなものである。顧客がそのブランドにふれるたびに生まれる感触や体験をもとにして次々に積み重なり変化していく顧客との関係だ

 この「ブランド」を「バンド」に、「顧客」を「ファン」に読みかえると、まさにGLAYのことになる。「バンドとは、長い旅路のようなものである……」という。

大谷 なるほど! たしかに今言った通りの話だ。

 で、もう一つ、デービッド・アーカーは本の中で「ブランドとは約束を守ることである」と言っているんです。そしてGLAYにとっても「約束を守るバンド」というのが大きなポイントになっている。

大谷 そもそも東京ドームでやるというのが「10年ごしの約束」ですからね。

 そうそう。今から10年前の1995年に彼らは東京ドームでライブをやっているんですけれど、そのステージで、ボーカルのTERUさんが着ていた衣装の白いジャケットをマイクスタンドにかけて「10年後、このジャケットを絶対取りにくるから」と言っていた。

大谷 もちろん今回のライブでもその白いジャケットを着ていた。

 単にライブをやるだけじゃなく、東京ドームのステージに立つこと自体がファンとの約束を叶える熱いストーリーになっているわけですね。

大谷 さらに2日目はスペシャルゲストでYOSHIKIさんが登場しましたから。これがまたすごかった。

 どんな感じでした?

大谷 アンコールのときに、ピアノがせり上がってきて、白い服を着たYOSHIKIがゆっくりと出てくる。もうその瞬間に大歓声ですよ。

 GLAYにとっては、YOSHIKIはデビューのきっかけになった大恩人ですからね。

大谷 で、彼がプロデュースしたデビュー曲の「Rain」を一緒に歌うわけです。「デビューのきっかけを作ったのは僕かもしれないけれど、20年間支えてきたのはスタッフでありファンだと思います」と言って、そこでも感動させる。

 YOSHIKIさんは、どんな場所でも登場した瞬間にその場の主役になってしまうタイプの人ですよね。

大谷 最後に「ウィー・アー・X!」って5万人にやらせてたからね。GLAYのライブなのに。

 ははははは!

成功するアーティストは「表現者」と「経営者」を兼ね備える

大谷 でもね、こういうブランド論の話は、GLAYが最初じゃないんですよ。もっと前に先駆者がいる。

 誰ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

minakata_sm 相変わらず面白い。柴ナテンさんには2.5次元アイドルつーかアイマスを取り上げて欲しい。 5年弱前 replyretweetfavorite

yuhyuh__ @mixjuice13xxx GLAYの記事があったよー! 5年弱前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「むしろ、どう届けるかをちゃんと自分の頭で考えなきゃ届かないというところに醍醐味がある」 5年弱前 replyretweetfavorite

shiba710 ダイノジ大谷さんとの対談連載「心のベストテン」更新されました。今回は 5年弱前 replyretweetfavorite