作品の動きに心奪われる—「動きのカガク」展

“アート・コンシェルジュ”が、最新の展覧会情報をご案内。今回ご紹介するのは、東京六本木、21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「動きのカガク」展です。名前の通り、作品は動きがあるものばかりで、ミュージアム=静的という印象を覆す魅力的な展覧会になっているようです。10組を越える作家の作品による驚きと発見、さらには美しさが詰まった作品の魅力を、楽しんでみてはいかがでしょうか。


クワクボリョウタ《ロスト#13》

人は日ごろ、どんなものについ見入ったり、美しいと感じたりするものでしょうか。まずは色やかたちに惹かれるというのは、もちろんそのとおり。それからもうひとつ、動きというものもありますね。

ネコがネコじゃらしに飛びついたり、イヌが放り投げられたボールを一目散に追いかけたりするのは、ひとえにモノが動く様子に心を奪われてしまうからですよね。動きに激しく感応し、幻惑されてしまうのは、人間だって同じです。

「動き」とは驚きと発見、さらには美しさの宝庫。そうはっきり教えてくれる展示が開催中です。東京六本木、21_21 DESIGN SIGHTでの「動きのカガク」展。会場に足を踏み入れると、なんだかずいぶんにぎやかな感じ。ミュージアムは静的なイメージが強い場ですが、今展の場合はなにしろ、すべての作品が動きとかかわっていますからね。必然的に印象は変わってきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません