若い女性はおじさんが好き?

今回の「ワイングラスのむこう側」は、「おじさん」のお話です。えてして若い女性に嫌われがちなおじさんですが、それでも世間ではおじさんと不倫する女性の話もちらほら聞きます。若い女性はおじさんが好きなのか、嫌いなのか。林さんがお客様から聞いてみました。

女性がベッドをともにできる相手は何歳までOKか

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ちょっと高級な料理屋やバーの出口あたりのところで、おじさんが若い女性に「今日は最後まで付き合わせて悪かったね。これ、もう遅いからタクシーで帰りなさい」とか言いながら1万円札をささっと渡しているシーンって見かけますよね。女性の方も「ま、これも仕事のうちかなって思ってたけど、美味しいものも食べられたし、まだ電車あるから1万円儲かっちゃった」って思ったりするあの瞬間です。

先日、このシーンを見かけて、「あれ、自分もそろそろあの1万円札を渡さなきゃいけない世代なのかな」って心配になってきたんです。で、20代半ばの女性のお客さまに「僕と飲みに行ったとして、帰りに『タクシーで帰りなさい』って言って、1万円渡したらどう思います?」と質問してみました。

そしたら「え、林さんと飲んだらタクシー代くれるんですか? それはこっちが引いちゃいますよ。だいたいあれって、自分のお父さんよりも年上の男性がするんじゃないですか。まあ30歳とか40歳くらい離れている人でしょうか」と言われました。

ふむふむ。

つまり20代半ばの彼女には、60歳を越えたくらいの男性なら「タクシーで帰りなさい」って言って1万円を渡さなきゃいけないというわけですね。ということは30代半ばの女性には、70歳を越えた男性はタクシー代を出さなきゃいけないわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

funifunyyy https://t.co/vdgdfd6nA6 おじさま×おっさん好きの20代東堂さんの参考になります 3年以上前 replyretweetfavorite

kopaboshi 不快でした。 3年以上前 replyretweetfavorite

casato_nero まあ金のない中年は色々諦めろ、って話。真理だ。 3年以上前 replyretweetfavorite

bar_bossa 今回のcakes記事、あんまり読まれてなさそうです。こういう風に「今はオジサンと 3年以上前 replyretweetfavorite