なでksジャパンのアイドル桜梅桃李

アイドルにもなれるしバンドもできる」JPOPの真骨頂—ドキュメント15時間:ONIGAWARA

あらゆるものにアイドル性を見出す本連載、取り上げるのは前回から引き続きJ-POPユニット・ONIGAWARA。普段はまったくアイドル性を感じられないONIGAWARAのお二人ですが、後編ではいよいよLIVEに突入、ついにアイドル性が開花します! 友人であり、曲の振付も担当しているなでksジャパンの次女・竹中夏海さんがその魅力に迫ります。

きっかけは「振付をしたい」という思い

私は、友だちがみんな美人です。

これだけ綺麗どころが揃っていると、大抵の男友だちは浮き足立ちます。しかし、そういった感情は時として友情の妨げになることがあります。

なぜなら、彼女たちの興味はいつだって歌って踊る一生懸命な女の子たちだからです。

友情にいちいち恋愛を持ち込まない、安全な男友だちだけを紹介しようと選びに選んだら、竹内サティフォと斉藤伸也という2人が残りました。彼らは奇しくも、ONIGAWARAというJ-POPユニットです。

左から、斉藤伸也、竹内サティフォ。あぁ、見るからに安全そう。

彼らとの出会いは2007年の秋頃だったと思います。

当時の2人は竹内電気というバンドに所属しており、友だちのカメラマンがアーティスト写真を担当していた縁から、たった一枚だけ出ていたミニアルバムを聴かせてもらいました。

当時の私といえば、体育大の舞踊学を専攻し、音楽は踊るためにあるものだと思っていました。

ただじっと音楽鑑賞だけするなんて考えられなかった。でも、竹内電気は聴けました。

初めてCDだけで何度も何度も曲を聴きました。なんでこの人たちはここまで恋愛にウジウジしてんのに、こんなにキラキラした音が出せるんだろうと夢中になりました。

程なくしてライブを観に行くことになりましたが、ここで予想外の展開が……。

楽曲は間違いなく良いんだけど、5人のキャラクターが濃すぎる。

当時からくるりやアジカンなど眼鏡ボーカルのバンドは人気があったけど、ここは過半数がめがねだし、よく見ると全員違う種類のブスだし、よく見なくてもブスではあるし、唯一ビジュアル担当っぽい加藤くんはBerryz工房ヲタだし、なにこれ。でもやっぱり曲は良い。ライブで観るとさらに良い、なにこれ。

私は音楽だけを聴いていることができない、というのは8年経った今でも変わっていません。興味のない音楽を流すくらいなら無音が良いし、興味のある音楽なら振りを付けたくなる。

その理屈で言うと、あの頃から私は竹内電気に振付がしたかったんだと思います。

当時の私は振付師にはなりたかったけど、どのダンスジャンルでなのかまでは定まっていませんでした。

だけど、竹内電気みたいな曲に振りを付けられたらどんなに良いだろうと、そんな仕事ってどこにあるんだろうといつも考えていました。

それからしばらくして、竹内電気は斉藤くんの脱退などを経て、2013年の5月に解散します。

その時、私はアイドルの振付師になって4年目を迎えていました。


「やっぱり、俺のやりたいことは大体斉藤が一緒だと良いなぁと思って」

解散ライブから間もない頃、サティフォがふと、そう呟きました。

普段私たち(というか主に私)にとってはおちょくる対象でしかない彼ですが、こういう勘は正しいひとです。

あんたが言うならきっとそうなのだろうと信じていました。

おちょくり御免。

そうして斉藤くんとサティフォが元々2011年に組んでいたユニットを、本格的に始動させたのがONIGAWARAです。

気付けば彼らは演奏したりしなかったり、歌ったり踊ったりラップしたりと、既存の形態に捉われないJ-POPユニットとして活躍しかけています。

最近ではアイドルとの対バンも増え、非常に“なでks得”です。6月26日には大阪・梅田にて、なでksジャパン全員が推しているアイドルことlyrical schoolと、福井県の三人組ご当地アイドルせのしすたぁとのスリーマンライブを行うということで私たちは遠征を決めました。

その道中篇は前回なでksジャパン四女の日笠さんが丁寧に書いてくれました、こちらです。

ふむふむ。

まだ彼らに全然テンションが上がっていませんね。

開演間近。ここから三十路のオジさんたちにどうアイドル性が開花するのでしょうか。

LIVE本番! オジさんがアイドルに!?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なでksジャパンのアイドル桜梅桃李

二宮なゆみ /竹中夏海 /小口桃禾 /日笠麗奈 /渡賀レイチェル

モデル、兼業ライター、振付師、ラジオDJ、ラッパーと、4ババア1MCのアイドル大好きクルー「なでksジャパン」によるコラム連載。テーマは「街に潜んだアイドル性」。アイドルが好きすぎて、なんでもかんでもアイドルに見えてしまう彼女たちが、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

8order__ https://t.co/iaQkGWTcfB 24日前 replyretweetfavorite

shiyoh7100 竹中さんとONIGAWARAの歴史はここで読めるよ!! https://t.co/ScZdm12rjX http://t.co/IGOxd1Mgob (#2_5_d http://t.co/SGABpxn57J) 4年以上前 replyretweetfavorite

angel19727881 去年、BiSの解散ライブ前に斉藤さんに偶然出会い、少しお話ししてたんですが、まさか斉藤さんにケチャ出来る日がくるなんて…(涙 4年以上前 replyretweetfavorite

do_son 本文読んでこのタイトルに納得。 あぁ、SHINYAに会いたい… 4年以上前 replyretweetfavorite