家族無計画

ときめきは消耗品

家入明子さんには、3年前に見かけて以来、欲しいと思っているバッグがあるそうです。しかし、そのお値段は10万円。なかなかの高さに買うのをためらい続けているうちに月日が経過し、すでにそのバッグのブランドの売れ筋も別のシリーズに移ってしまいました。それでも家入さんがそのバッグにときめき続ける理由とは?

3年前に初めて見かけて、欲しいな、と思ったバッグが今も変わらず欲しいままである。
とある老舗のブランドが作っている革製のトートバッグで、3年前に一度流行った。当初雑誌で見かけている限りでは特に何と思うこともなかった。周囲のお洒落な友人たちがちらほら持ち始めても「便利そうだな」と思う程度で、自分も同じ物が欲しいとは思わなかったのだ。ところが、当時住んでいたマンションでときどきすれ違う、名前も知らない、言葉を交わしたこともない、40代とおぼしき女性がこのバッグのピンク色を持っているのをたまたま見かけた。化粧っ気もなく、髪は適当にお団子、服装はジーパンにTシャツにスニーカーというカジュアルな装いの彼女が、例のトートのピンクのやつを、無造作に肩からかけていた。使い込まれた風合いが程よい味を醸していて、なんだか非常にかっこよく見えた。彼女が持っているのを見かけて以来、気負わない使い方を許容する10万円のバッグが、なんだかとても魅力的なバッグに思えてきたのだ。

そうは言っても10万、である。
高いなあ。だけど毎日使えば元はとれるかなあ。買うとしたら何色の、どのサイズにするべきか……そんな風に思い悩んで、結局買わないまま、早3年である。流行はとうに終焉を迎え、今やそのブランドの売れ筋は違うシリーズに移っている。定番として店頭では引き続き見かけるものの、今あえて買うべき目新しさはない。

……ところが、私は今でもあのバッグを夢見ているのだ。あのバッグを持った私は、今よりもうちょっと魅力的になる気がするし、あのバッグがある日常は、今よりもうちょっと色鮮やかになる気がするのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

強く愉しく新しい“家族論”エッセイ、ついに書籍化!

家族無計画

紫原 明子
朝日出版社
2016-06-10

この連載について

初回を読む
家族無計画

紫原明子

「日本一炎上しがちな夫」こと、起業家の家入一真さんと結婚した家入明子さん。現在「ソーシャル主婦」として、家入家独特の育児の話や、夫婦間のデリケートな話題に切り込む記事をブログで発信し、話題となっています。そんな明子さんが、ブログよりも...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

syqobezodyr 相変わらず巧いなあ。家入明子さんは21世紀のエッセイスト。男女の「 3ヶ月前 replyretweetfavorite

syqobezodyr 相変わらず巧いなあ。家入明子さんは21世紀のエッセイスト。男女の「 5ヶ月前 replyretweetfavorite

syqobezodyr 相変わらず巧いなあ。家入明子さんは21世紀のエッセイスト。男女の「 8ヶ月前 replyretweetfavorite

syqobezodyr 相変わらず巧いなあ。家入明子さんは21世紀のエッセイスト。男女の「 11ヶ月前 replyretweetfavorite