生活習慣病大国」アメリカでガン死亡者数が減ったのは「和食」のおかげ?

生活習慣病が多いことで知られるアメリカ。国を挙げて栄養改善に取り組んだところ、G7構成国で唯一ガン死亡者が減少する結果となりました。その理由は「和食」にありました。予約三年待ちの名医、石原結實先生が、「おなかをすかせる」健康法を提言します!

和食を見習ってガン死亡者が減った!


by Nullumayulife

1970年代、心筋梗塞やガン、脳梗塞、肥満などの生活習慣病が多かったアメリカでは、1975年、上院に「栄養改善委員会」が設けられ、医学者に「全世界の栄養状態と病気の状態」を調べさせた。2年後に、5000ページにも及ぶ調査報告書が出されたが、その冒頭に「アメリカの反省」が載っている。これを見たマクガバン上院議員が「我われはばかだった。我われは造病食、殺人食を食べていた」と涙ながらに上院で演説したという話は有名である。

その主旨を要約すると、以下のようになる。

1. 1日のエネルギー摂取量の55~60%を炭水化物にする

2. 1日のエネルギー摂取量の30%まで、脂肪摂取を減らす

3. 飽和脂肪酸(バター、ラードなど動物の脂)と不飽和脂肪酸(魚油、植物油などの油)の摂取量の比率を同等にする

4. コレステロールの摂取量を1日30mgまでに減らす

5. 砂糖の摂取量を40%減らす 6. 塩の摂取量を1日3gまでに減らす

そして、以下のようにまとめている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なぜ、おなかをすかせると病気にならないのか

石原 結實

「1日1回お腹をすかせる」だけで、みるみる若返る! 超健康になる! 予約3年待ちの名医が教える、体質別の健康法。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 「生活習慣病大国」アメリカでガン死亡者数が減ったのは「和食」のおかげ 石原結實@dryumiishihara https://t.co/TWO2gpoE10 果物、野菜、未精白の穀物、鶏肉、魚、植物油の摂取を増やし、 牛乳、肉、卵、バター、砂糖・塩・脂肪の多い食物の摂取を減らす 3年以上前 replyretweetfavorite