サプリメントの効果は本当なのか?

生命にとって大切なものでも、「過ぎたるは及ばざるが如し」であると肝に銘じなければいけません。サプリメントを摂取するにあたって、本当に大事なのは有効成分が適量かどうかです。予約三年待ちの名医、石原結實先生が、「おなかをすかせる」健康法を提言します!

そのサプリメント、続ける/止めるの境界線は?


by takako tominaga

よく患者さんが、自分が愛用しているサプリメントや医療器具のパンフレットを私に見せながら「先生、このサプリメント(または医療器具)は効きますか」と単刀直入な質問をしてくる。そのとき、私は「ご自分で実際に1週間ないし1カ月試してみて、

1. お通じがよくなる

2. お小水がよく出る

3. 体が温まる

4. 何となく気分がよい

など、本能で感じられるよいサインがあったら続けられるといいでしょう」と答えることにしている。

私は、自分の健康法で十二分に健康だし、サプリメントも医療器具も利用したことがなく、実際そうしたものについては、何もわからない。患者さんの中には「××というサプリメントをとって目がよくなった」「××という健康食品をとって、膝の痛みがとれた」という人がいらっしゃる。ご本人が実際に試されて、たしかに効果があったのだから、その方の体験を尊重して、「よかったですね。ずっと続けられるとよいでしょう」ということにしている。

しかし、サプリメントに関しては、否定的な学術論文も少なからず存在する。米国の医学誌“New England Journal of Medicine”(1994年)に、以下のような調査結果が載っていた。

フィンランドの男性喫煙者2万9133人(50~69歳)を、無作為に4つのグループに分け、

1. ビタミンE(1日50mg)とβ-カロチン(1日20mg)のサプリメントをとる

2. ビタミンEのサプリメント(1日50mg)のみとる

3. β-カロチンのサプリメント(1日20mg)のみとる

4. 両者とも投与せず

という実験をして、5~8年間追跡調査をした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なぜ、おなかをすかせると病気にならないのか

石原 結實

「1日1回お腹をすかせる」だけで、みるみる若返る! 超健康になる! 予約3年待ちの名医が教える、体質別の健康法。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 石原結實@dryumiishihara https://t.co/TykPeXqHqD 1週間~1カ月試してみて、 お通じがよくなる お小水がよく出る 体が温まる 何となく気分がよい など、本能で感じられるよいサインがあったら続ければ良い。 約4年前 replyretweetfavorite

0501Can #サプリメント #サプリ #お通じがよくなる #お小水がよく出る #体が温まる # 何となく気分がよい 約4年前 replyretweetfavorite