ドリームキラーに騙されるな

決心を揺るがすドリームキラーの存在が、美沙の前に登場する。美沙の心が揺れる……。
選択肢が多い分、疑いすぎて前に進むことが難しくなった現代、選択肢と思考ノイズの違いとは何か?
この小説は、ひとりの崖っぷちOLが会社の魂を変えるまでの軌跡を描いた新感覚のビジネス小説です。

『今週末、会えないかな? コウスケ』

三年付き合って、事実上半年前に振られた男からのメッセージだった。

コウスケと再会をしたのは、三年半前の小学校の同窓会。同じクラスになったことはあったが、あまり話したことはない。大人しかった美沙に比べて、コウスケは目立つ存在だった。小学校の頃モテた男子と大人になって再会をすると、残念な姿に変貌しているケースがほとんどだ。事実、学年一モテた池田くんは80キロオーバーの巨体となり、見る影もなかった。しかし、コウスケは違っていた。爽やか少年がしっかり爽やか青年に成長していた。美沙はコウスケを見た瞬間、心臓が跳ね上がったが、話しかける勇気もなく遠くからただ見つめていた。すると、

「整とん係の浅井さん、隣いい?」コウスケから美沙の隣にやってきた。美沙は混乱するもコクリと頷き、

「黒板係の菊池くん、どうぞ」と返した。

「はは、覚えててくれたんだ」コウスケは目尻にたっぷり皺をよせて微笑んだ。笑うとなくなる目が美沙のツボだった。

「それはこっちのセリフだよ。私のこともだけど、整とん係なんてよく覚えてたね」

「覚えてるよ。だって、浅井さんが整とん係になってから、クラスがほんと整とんされたもんな。別に整とんなんてやらなくてもバレない係だったじゃん? だからその前のやつらは何もしてなかったけど、浅井さんになってから本棚とか綺麗になってさ。“あいうえお順”になったからめっちゃ見やすくなったし。クラスの机と椅子も帰りに綺麗に整列させてたでしょ。真面目だなぁ、って思ったんだよね」

真面目……か。真面目と言われて嬉しいと感じる年齢はいくつだろうか。少なくとも、美沙はまだそうではなかった。でも、覚えていてくれたことが単純に嬉しい。

「なんか恥ずかしいけど、覚えていてくれてありがとね」

「覚えてるよ。あれからちょっと浅井さんは気になる子になったからね」

「で、でも菊池くんはサキちゃんと両思いだったよね」火照る顔を必死に隠しながら慌てていう。

「はは。両思いとかって、ほんとウブだよな。確かにサキのこと好きだった。なんかわかんないけど、浅井さんはそういうのとは違う枠で気になる子って感じだったんだよね」

「そっか」なんだかひとり舞い上がった自分がバカみたいで、美沙はその場から逃げ出したかった。

「でもいまは……恋愛枠で気になるかも」コウスケは照れた表情でうつむいた。


それから二人でご飯に行って、付き合って、そして、別れた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konno108 |cakes(ケイクス) いるなぁこういう人。根拠ある否定なら聴くけど、大した裏付けのない否定なんて聞く気にならない。 https://t.co/bVgTpYyw1I 5年以上前 replyretweetfavorite

chiponyo 公開されました!|[今なら無料!]キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている 5年以上前 replyretweetfavorite